人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月3日

関東大学春季交流大会終盤戦 全勝の明大、東海大を追う早大、帝京大が 早大グラウンドで対決

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

早大は、5月22日の大東大戦から先発で4名の交代がある。7番のFLは、植野智也(4年)から小池航太郎(3年)、SOは伊藤大祐(2年)から守屋大誠(2年)、11番のWTBは久富連太郎(3年)から西浦剛臣(2年)、そして、CTBには岡ザキ(山に竒)颯馬(3年)に代わって1年生の野中が入る。

佐藤健次(早稲田大学)

帝京大としては、明大戦で出た課題をどこまで修正できるか。セットプレー、ブレイクダウンでの攻防は注目ポイントになる。起点が安定すれば後ろから次々に選手が走り込んでくる複層的な攻撃が機能するだろう。早大はフィジカル面の強化を行っているが、現時点で帝京大にどこまでフィジカル面で対抗できるか。あるいは上回るのか。今季からHOにポジションチェンジした佐藤健次(2年)のスクラム、ラインアウトでのリードにも注目したい。早大の吉村紘(4年)、野中と対峙する帝京大のCTBは大阪桐蔭出身の松山千大(4年)、京都成章出身の二村莞司(4年)。このCTB対決も楽しみだ。東海大、明大とともに大学日本一争いの中心になるチームの対決は見逃せない。

文:村上 晃一

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ