人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月1日

東京サンゴリアスを猛追する埼玉ワイルドナイツ。 白熱する4位争い。ディビジョン1はここからが面白い。

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

ダミアン・マッケンジー(東京サンゴリアス)

ジャパンラグビー リーグワン2022のディビジョン1は、3月27日の第11節で一区切りついた。カンファレンス内の総当たり戦の一巡目、違うカンファレンスとの交流戦が一通り終了したからだ。4月9日、10日に行われる第12節からはカンファレンス内の二巡目が始まる。順位争いはここからが本番。優勝を争うプレーオフに勝ち残る4チーム入りの戦い、ディビジョン2との入替戦を回避する争いも見逃せない。

11節を終えて首位に立つのは東京サンゴリアス(東京SG)だ。10勝1敗の勝ち点46。第1節(1月8日)でブレイブルーパス東京(BL東京)を60-46で下すと、第2節でトヨタヴェルブリッツを50-8で下し、攻撃力の高さを見せつけた。FW陣は、206cmのLOハリー・ホッキングスが空中戦で強さを発揮し、小林航、辻雄康の日本人LOも仕事量の多さで活躍。新加入のFBダミアン・マッケンジーは世界屈指のランニングスキルと正確なプレースキックで観客を沸かせている。日本代表CTB中村亮土が円熟したプレーでチームを引っ張り、第7節で埼玉ワイルドナイツ(埼玉WK)に17-34で敗れたものの、58トライ、66のクリーンブレイク(ディフェンスをクリーンに破った回数)はリーグトップ。今後も優勝争いの軸になる。

2位のクボタスピアーズ船橋・東京ベイ(S東京ベイ)は、9勝2敗の勝ち点44。国立競技場での開幕戦(1月7日)は相手の埼玉WKにコロナ陽性者が出たため不戦勝。その後、主力に負傷者が多く出るなどメンバー編成が苦しくなり、第3節では神戸スティーラーズ(神戸S)に22-27で敗れた。しかし、身長205cm、体重120kgのLOルアン・ボタらが戻ってくると、フィジカル面の優位性を出して勝ち星を重ねている。ファンを驚かせているのは、PRオペティ・ヘルのパワフルなプレーと、ルーキーのWTB根塚洸雅の豪快な走りだ。新しい選手の台頭もS東京ベイの魅力だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ