人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月7日

【ハイライト動画あり】埼玉ワイルドナイツ盤石の戦い。 鉄壁ディフェンスから7トライで3連勝

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

ベン・ガンター(埼玉ワイルドナイツ)

埼玉ワイルドナイツはこの日も強かった。直近 34 試合のビジター戦で1回しか負けていないという抜群の安定感はシャイニングアークス東京ベイ浦安を相手にもいかんなく発揮された。2月5日、秩父宮ラグビー場には寒空の中、4,306人の観衆が集った。午後2時30分、ワイルドナイツSO松田力也のキックオフで試合は始まる。

序盤からワイルドナイツが主導権を握った。前半2分、今季初先発のCTBヴィンス・アソがディフェンスラインを突破し、LOジャック・コーネルセンがトライ。松田のゴールも決まって、7-0とリードする。その直後、FLベン・ガンターがジャッカルで相手の反則を誘うと、PKから松田がアークスのゴールライン手前でタッチラインを割る好キックを披露。ゴール手前5mの地点で得たラインアウトからモールを組んだワイルドナイツは、キャプテンのHO坂手淳史がディフェンスの選手がモールに集中した瞬間を見逃さずにサイドアタックして2つめのトライをあげる。

前半10分、アークスはSOオテレ・ブラックの防御背後へのキックをWTB石井魁がキャッチして前進し、FBイズラエル・フォラウにパスしたが、これがやや後ろになってフォラウがノックオン。トライチャンスを逸した。ここでスコアしていれば流れは少し違ったかもしれない。その5分後、ワイルドナイツは再びゴール前のラインアウトを得ると、今度はモールを押し切って坂手がトライ。松田が3本連続でゴールを決めて、21-0とリードを広げた。

竹山晃暉(埼玉ワイルドナイツ)

その後もワイルドナイツは効率よく得点。前半30分に松田がPGを決め、37分にWTB竹山晃暉がトライし、29-0と大きく差を広げた。「立ち上がりから、すごく良い形でディフェンスができていました。選手同士でコミュニケーションをとって、選手の間の良い距離を保ってプレッシャーをかけることができていました」(坂手淳史キャプテン)。

アークスも攻めるのだが、ここまでの2試合で2トライしかできていないことが示す通り、チャンスでミスが出る。ブレイクダウン(ボール争奪局面)でワイルドナイツが徹底して圧力をかけたことで、ハイテンポの攻撃ができなくなったのも要因だろう。ワイルドナイツのロビー・ディーンズ監督は次のように説明した。「先週の試合(神戸スティーラーズ戦)は、ディフェンスで受け身でした。その戦いをフィードバックし、きょうは自分たちからブレイクダウンに入っていった。それがよい結果につながりました」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ