人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月4日

令和4年1月7日、ラグビー新時代が幕を開ける ジャパンラグビーリーグワンへの期待

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

プレスカンファレンス

2022年が始まり、1月7日、今後の日本ラグビーをけん引するジャパンラグビーリーグワンが開幕する。新国立競技場で、トップリーグ最後の王者・埼玉パナソニックワイルドナイツと、優勝候補の一角であるクボタスピアーズ船橋・東京ベイが相対する好カードだ。新し時代の幕開けにふさわしい戦いを期待したい。

リーグワンに参加するのは24チームだ。最上位のディビジョン1には、精鋭12クラブが顔をそろえる。初代王者をめぐる戦いはし烈だ。前述の2チームに加え、東京サントリーサンゴリアスコベルコ神戸スティーラーズトヨタヴェルブリッツあたりが戦力的には優勝を争いそうだ。しかし、サンゴリアスをトップリーグ優勝に導いた沢木敬介監督が率いる横浜キヤノンイーグルス、最後のトップリーグで大躍進のNTTドコモレッドハリケーンズ大阪ら、どのチームも波乱を起こす力はあり、開幕戦から目の離せない戦いが続くことになる。ディビジョン2(6チーム)、ディビジョン3(6チーム)は昇格を目指してしのぎを削る。1と2の下位3チーム、2と3の上位3チームが入替戦を行う。シーズン最後まで緊張感ある戦いが繰り広げられるだろう。

リーグワンはトップリーグとどう違うのですか?そんな質問を良く受ける。もっとも違うのは、試合の主管権が日本ラグビー協会から各チームに移ることだ。スタジアムもこれまではリーグとしてアレンジしていたが、各チームが確保する。「ホーム&アウェイ」と言わず、「ホスト&ビジター」という言葉を使い、ホストチームが試合を主催し、チケットを販売し、各種イベントなどを行うことになる。

プロフェッショナルなチーム経営が求められており、興行として成功すればチームの収益も上がる。各スタジアムのファンサービスには独自性が出てくるだろう。お客さんを呼ぶためには質の高い試合をする必要があり、強化も加速するはずだ。従来の企業スポーツから脱却し、協賛各社、ホストエリアの自治体などと連携し、さまざまな価値を創り出す動きはすでに始まっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ