人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月1日

【ハイライト動画あり】ベスト8が出揃う。常翔学園が花園で通算100勝を達成。全国高校ラグビー大会 1月1日(土)の結果

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

元旦は3回戦の8試合

1月1日(土・祝)の元日、「花園」こと、101回目の全国高校ラグビー大会は3回戦の8試合が行われた。Aシード(★)3校はノーシード校との対戦となり、残り5試合はBシード(☆)同士の激突となった。

J SPORTS 放送情報

◆第1グラウンド 試合結果

○東海大大阪仰星(大阪第2★)33-0 報徳学園(兵庫)●
○常翔学園(大阪第1☆)20-12 石見智翠館(島根☆)●
○東福岡(福岡★)67-12 目黒学院(東京第2)●
○國學院栃木(栃木☆)27-7 流通経大柏(千葉☆)●

第1グラウンドの第1試合は、Aシードの東海大大阪仰星にノーシードから勝ち上がった報徳学園がチャレンジした。試合伊開始から主導権を握った東海大大阪仰星は、5分にラックから繋いでWTB(ウイング)中俊一朗(3年)がトライ。その後もテンポ良く攻め、2トライを重ねて21-0とリードして前半を折り返した。

後半に入っても東海大大阪仰星の優位は変わることなく、組織ディフェンスで報徳学園にゴールラインを割らさず、さらにWTB御池蓮二(3年)が2トライを挙げ、33-0と快勝。大阪府の予選から無失点を続け、ベスト8に進出した。

第2試合は常翔学園(大阪第1)と石見智翠館(島根)のBシード同士が激突した。前半20分までお互い譲らない展開で、得点が入らぬまま試合が進んだが、均衡を破ったのは石見智翠館だった。ゴール前のラックからキャプテンのFL(フランカー)池田柾士(3年)がねじ込み先制した。

しかし、常翔学園もその5分後、HO(フッカー)田中太陽(3年)のトライで同点。それでも前半終了前に、再び石見智翠館はラックからLO(ロック)岡崎慶喜(3年)がトライを挙げ、12-5とリードして前半を折り返した。

後半に入ると、常翔学園が徐々にFW(フォワード)で圧力を掛ける。6分、カウンターからWTB神田陸斗(3年)のトライ。さらに15分にもNO8(ナンバーエイト)ファイアラガ義信ダビデ(2年)がトライし、17-12と逆転に成功。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ