人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月1日

【ハイライト動画あり】ベスト8が出揃う。常翔学園が花園で通算100勝を達成。全国高校ラグビー大会 1月1日(土)の結果

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

全国高校ラグビー大会 3回戦

【ハイライト】常翔学園 vs. 石見智翠館

28分にもPG(ペナルティゴール)を決めた常翔学園が、20-12と石見智翠館を退け、秋田工業(134勝)と天理(105勝)に次いで、全国高校大会で3校目となる通算100勝を達成した。

第3試合はAシードで優勝候補筆頭の東福岡(福岡)に、ノーシードの目黒学院(東京第1)が挑んだ。先制したのは、チャレンジャーの目黒学院だった。ラインアウトからモールを押し込んで、最後はSH(スクラムハーフ)林星安(3年)がトライを挙げた。

しかし、地力に勝る東福岡がボールを大きく動かすと、7分にLO舛尾緑(2年)のトライとCTB(センター)平翔太(3年)のゴールで逆転する。さらに3トライを追加して29-5で前半を折り返した。

後半に入っても東福岡の勢いは止まらず、6トライを追加。WTB遠藤亮真(3年)のハットトリックを含む、合計10トライで67-12と快勝した。目黒学院も後半ラインアウトから、PR(プロップ)シオネ・ポルテレ(3年)のトライで一矢を報いたが、Aシードの壁は超えられなかった。

第4試合はともに関東勢で、國學院栃木(栃木)と流通経済大柏(千葉)のBシード同士の激突となった。なお、6月に行われた関東大会Aブロックの決勝では國學院栃木が勝利している。前半からジャッカルで相手ボールを奪う意識が高かった國學院栃木。敵陣で攻め続けて、WTB伊藤大暉(3年)の先制トライを含む、3トライで前半を21-0で折り返した。

流通経済大柏も後半27分にモールからNO8中川功己(2年)がトライを挙げたが、國學院栃木が後半にCTB田中大誠(3年)の2本のPGでリードを守り切り、27-7で8強入りを決めた。

◆第3グラウンド 試合結果

●國學院久我山(東京第1☆)5-14 佐賀工業(佐賀☆)○
○京都成章(京都☆)15-8 大阪桐蔭(大阪第3☆)●
●御所実業(奈良☆)15-36 長崎北陽台(長崎☆)○
●尾道(広島)12-41 桐蔭学園(神奈川★)○

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ