人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年10月4日

【ハイライト動画あり】天理大、圧倒的勝利で再出発! 最優秀選手のWTB内村祐介は自身初の1試合4トライ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

大学王者が開幕戦の完敗からいかに立ち上がるか。関西大学Aリーグ第2節最注目の一戦は、10月3日(日)、奈良県天理市の天理親里競技場にて行われた。第1試合では摂南大が38-27で関西学大を下し、午後2時、天理大関西大の第2試合が始まった。

天理大学 佐藤康キャプテン

「開幕戦は試合を通して元気がなかった。4年生を中心に寮の雰囲気から変えました」。佐藤康キャプテンの言葉通り、今季の2戦目は元気いっぱいの天理ラグビーが戻ってきた感があった。キックオフのボールをキャッチした関西大がFW陣でボールを前に運ぼうとすると、天理大が猛然とプレッシャーをかけ、ターンオーバーに成功する。

直後の攻撃はタッチラインの外に出てしまったが、このラインアウトから関西大が天理大陣にキックを蹴り込むと、天理大がすかさずカウンターアタック。自陣から右オープンにパスをつなぎ、最後はWTBマナセ・ハビリ(2年)がハンドオフとスワーブと使いながらタックラーを1人、2人とかわし、インゴールまで走りきって先制トライをあげた。1年生SO筒口允之が難しいゴールも決めて、7-0とする。

前半5分、天理大陣深い位置で関西大ボールのスクラムとなる。このピンチを救ったのは、CTB高部勇(4年)だった。思い切りよく前に出てのハードタックルを決め、関西大の反則を誘ったのだ。味方のキックミスによる自陣スクラムというピンチを仲間が救ったことになる。この日の天理大はミスが多かったものの、すぐにチームの勢いを取り戻すプレーが出て、流れを渡さないシーンが多かった。

前半8分、自陣に5mほど入った右ラインアウトから攻めた天理大は、NO8山村勝悟(3年)の縦突進でできたラックからさらに左に展開し、SO筒口が左タッチライン際のWTB内村祐介(4年)にロングパスを放つ。ハーフウェイライン手前でボールをキャッチした内村は、50m6秒フラットの俊足を飛ばしてタックルをかわしつつ左コーナーまで駆け抜けた。筒口がゴールも決めて、14-0。内村は昨季の全国大学選手権では準決勝の明大戦にはリザーブ入りしながら、決勝の早大戦にはメンバーに入れず、その悔しさを晴らすために筋力トレーニング、スピードトレーニングに励んできた。続く12分にも、筒口のキックパスを受けてトライをあげ、チームを勢いづける大活躍だった。ちなみに、今季初戦の欠場は就活だったそうだ。スコアは、19-0。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ