人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年8月3日

未完の大器・小瀧尚弘が決意の移籍 「ラグビーで成功したい」と神戸製鋼へ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

ラグビー新リーグの「リーグONE(ワン)」の初代王者を目指す神戸製鋼コベルコスティーラーズに次々に有力選手が加入している。話題の一人が、東芝ブレイブルーパスから移籍のLO小瀧尚弘だ。身長194cm、体重110kgのサイズでパワフルにプレーし、2015-2016シーズンのトップリーグで新人賞を受賞。日本代表10キャップを獲得し、サンウルブズでもプレーした。しかし、本人は期待に応えるパフォーマンスはできていないと感じてきた。何かを変えなくてはいけない。小瀧が出した答えは神戸製鋼への移籍だった。すでに神戸に引っ越し、新生活も始まっている。新しいチーム、そして新リーグへの抱負を聞いた。

小瀧尚弘選手

――新たな場所でプレーしようと思った理由を聞かせてください。
「2019年のラグビーワールドカップ(RWC)での日本代表を見て、僕もあんな活躍をしたいと思ったし、もっと成長したいと思いました。東芝でプロ選手になる道も考えたのですが、選択肢を狭めないように、いくつかのチームに話を聞きました。その中で一番熱意を感じ、来てほしいという話をしてくださったのが神戸製鋼だったのです」

――この決断は、2023年のRWCに出場することも視野に入っていますね。
「狙っていきたいです。日本代表に選ばれたことはありますが、大した活躍ができていないと感じていました。自分が抜けたあとの日本代表がRWCで素晴らしい活躍をしました。嬉しい反面、悔しい気持ちもありました。自分も成長して、ラグビー選手として成功したいと思いました」

――6年間プレーした東芝を去ることに躊躇はありましたか。
「僕を育ててくれたチームです。悩みぬいて結論を出しました。去る時にはこみあげてくるものがあって、みんなの前で号泣しました。仲間意識が強いチームだったので、批判は覚悟の上でしたが、みんなが『頑張って』、『応援しているから』と声をかけくれて、泣けてきました」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ