人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月2日

ラグビー日本代表、因縁の戦いへ。 世界ランキング4位のアイルランドに挑む セミシ・マシレワは念願の日本代表デビュー

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

アイルランド vs. 日本

ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ戦から一週間、日本代表はスコットランドからアイルランド共和国ダブリンに場所を移し、アイルランド代表と対戦する。アイルランドといえば、2019年にラグビーワールドカップで日本代表が、19-12と勝利した相手だ。当時の世界ランキングは2位で優勝候補の一角だったアイルランドはこの敗戦で勢いを失った。日本代表との再戦は絶対に負けられない。

アイルランドスターディングメンバー

アイルランドは、SHコナー・マレーを含む主力8名がブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズに選出されており、彼らをのぞいたメンバーになる。しかし、選手層は厚く、先発15名の総キャップ数は、75キャップのFLピーター・オマーニーを筆頭に、357(日本代表は348)。リザーブメンバーも含めると、400キャップを超える。キャプテンは、身長203cm、体重108kgのジェームズ・ライアン(24歳)。ライアンは2019年の日本代表戦でも先発していた。この他、FLピーター・オマーニー、ジョシュ・ファンデルフレイヤー、WTBジェイコブ・ストックデール、CTBクリス・ファレルも2019年に先発。PRデイヴ・キルコイン、SOジョーイ・カーベリー、WTBジョーダン・マーラーがリザーブだった。ライオンズ同様、フィジカル面の優位性を押し出してくるだろう。

日本代表スターティングメンバー

2019年に勝ったとはいえ、現在、世界ランキング4位のアイルランドに対して、10位の日本代表はチャレンジャーの立場だ。7月1日夜に発表されたメンバーは、ライオンズ戦から先発で3名の変更があった。ライオンズ戦で唯一のトライをあげた姫野和樹は8番を背負い、途中出場で攻撃をテンポアップさせたSH齋藤直人も先発。また、WTBには初キャップとなるセミシ・マシレワが投入され、松島幸太朗がWTBからFBでポジションチェンジ。WTBシオサイア・フィフィタとの3人でバックスリーを形成する。

試合前にチェック!

  • ラグビー日本体表選手名鑑

    試合後に食べたくなるもの、よく連絡を取りあう選手、コロナが終息したら行ってみたい所などのアンケートも掲載

ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは、「ライオンズ戦の齋藤はビッグゲームなのにプレッシャーを感じさせないプレーをしてくれました。チームに与えたエナジー、判断を評価しています。可能性を見てみたいし、パス、キック、ランを精度高くプレーしてもらいたい」と齋藤の起用を説明。マシレワについては「経験もあり、素晴らしいスキルセットを持っています。ハイボールに対するスキルも素晴らしい。プレッシャーのある試合の中で見てみたい」と話した。アイルランドはキックを多く使ってくるだろう。このバックスリーでミスなくボールをキャッチし、攻撃につなげたい。3人の決定力はアイルランドの脅威となるはずだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ