人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月24日

【ハイライト動画あり】トップリーグ・ファイナル屈指の激闘 野武士軍団パナソニック、 鉄壁の防御でサントリーを封じ込める

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

パナソニック

ジャパンラグビー トップリーグ2021の頂点に立ったのは、パナソニック ワイルドナイツだった。「ディフェンスからゲームを作っていきたい」という坂手淳史キャプテンの言葉通り、アタッキングラグビーのサントリーサンゴリアスに対し、一糸乱れぬディフェンス網で的確なタックルを決め、ボール争奪戦に徹底して圧力をかけ続けた。トップリーグ決勝戦は、第58回日本選手権を兼ねており、パナソニックはトップリーグでは2015-2016シーズン以来5度目、日本選手権では2016年以来6度目の優勝となった。引退して医師の道を歩む福岡堅樹は有終の美を飾った。

J SPORTS オンデマンド番組情報

トップリーグ史上屈指の激闘は、2021年5月23日、秩父宮ラグビー場にて行われた。集った観客は、4,668人。入場制限がなければ2万人以上の満員だっただろう。気温24度という暑さのなかで、午後1時10分、サントリーSOボーデン・バレットのキックオフで試合は始まった。立ち上がりは、サントリーが早いテンポでボールを動かした。パナソニックのディフェンスを少しずつ後退させながらゴールに迫り、2分、CTB中村亮土がトライを狙ったキックパスを蹴り上げる。トライかと思われたが、これがHO中村駿太につながらず、チャンスを逃す。

3分、パナソニック陣内のラインアウトのボールがこぼれ、サントリーが確保して左オープン展開。SOボーデン・バレットがロングパスを放った刹那、パナソニックCTBディラン・ライリーがインターセプトしてそのまま約60mを走り切る。このトライに象徴されるように、サントリーはパナソニックのミスで得たボールを得点に結びつけられず、ハドリングエラーなどで何度も好機を逸した。パナソニックSO松田力也が、14分、25分とPG決めたのに対し、バレットは16分のPGチャンスを外すなど、プレースキックの正確性でもパナソニックが優った。

ボーデン・バレット(サントリー)

13-0とリードしたパナソニックは、前半30分、松田のパスを受けた福岡堅樹が左タッチライン際の狭いスペースを走り切って、左コーナーにトライ。難しいゴールを松田が決めて、20-0とリードを広げた。サントリーも、バレットのハイパントからチャンスを作り、34分、ラインアウトからの連続攻撃でCTB中村亮土がトライを返す。スコアは、20-7。なおも攻めるサントリーだが、パナソニックFL布巻峻介のジャッカルで反則をさそい、松田がPGを決めて、23-7とパナソニックリードで前半が終了した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ