人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月5日

勝ち星が欲しいキヤノンイーグルスが、 連勝のパナソニック ワイルドナイツに挑む

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

好ゲームが続くトップリーグ2021は今週末、第3節に入る。ここまで2連勝は16チーム中6チーム。レッドカンファレンスでは、サントリーサンゴリアスクボタスピアーズトヨタ自動車ヴェルブリッツ。ホワイトカンファレンスでは、パナソニックワイルドナイツ神戸製鋼コベルコスティーラーズNTTドコモレッドハリケーンズだ。NTTドコモの勢いは今後も注目である。

パナソニックスターティングメンバー

本欄で取り上げるのは、ホワイトカンファレンス首位パナソニックと、連敗スタートとなったキヤノンイーグルスの戦いだ。試合は3月6日(土)、2019年のラグビーワールドカップでも使用された大分県の昭和電工ドーム大分で行われる。パナソニックはキャプテンのHO坂手淳史、PR稲垣啓太ヴァルアサエリ愛、SO松田力也、WTB福岡堅樹ら日本代表勢を軸に効率よく得点。第1節でリコーブラックラムズから7トライを奪って55-14で勝つと、第2節は日野レッドドルフィンズを60-12で破った。この試合では先発SO山沢拓也が得意のキックスキルでディフェンスを翻弄し、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)を受賞した。第1節にMOMに輝いた松田と山沢というハイレベルのSOコンビは今後もチームを牽引するだろう。

これら日本人選手に加えて、今季加入のLOジョージ・クルーズ(イングランド代表45キャップ)はラインアウトで安定した動きを見せ、CTBハドレー・パークス(ウエールズ代表29キャップ)も攻守に高いスキルを発揮している。第3節のメンバーは、第2節から先発で5名の変更がある。SOは松田力也が先発。体調不良で前節は欠場したWTB福岡堅樹も復帰。スクラム最前列の3番は、2戦連続先発したヴァルアサエリ愛から平野翔平に代わり、愛はリザーブに回る。

キヤノンスターティングメンバー

対するキヤノンは、前節、神戸製鋼に10-73という屈辱的大敗を喫した。今季よりチームを率いる沢木敬介監督は選手たちに「コンタクトが嫌いなのであれば違うスポーツをやればいい」と厳しい言葉を投げかけたという。土俵に上がる以前の問題と感じたようだ。それもあってか、パナソニック戦のメンバーは先発で7名の変更がある。今季初先発となるのは、明大卒のルーキーPR安昌豪、6年目のHO高島忍、そして初出場は4年目のLO田中真一だ。田中は明大卒でジュニア・ジャパン、U20日本代表に選ばれていたが、昨季は出場機会がなかった。持ち前の突破力をパナソニックにぶつけ、チームの勢いを引き出したい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ