人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月18日

対抗戦は明治、早稲田、帝京、リーグ戦は東海、日本、流通経済が開幕3連勝。関東大学ラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

今年はWTBに専念する水間

点数を動いたのは前半19分、日本大がカウンターから外に回して、WTB水間夢翔(2年)がトライ。さらに36分、WTBナサニエル・トゥポウ(2年)もトライを挙げて10-0でリードする。専修大も39分にPG(ペナルティゴール)を返して、10-3で前半を折り返した。

後半8分、専修大学はモールを押し込み、最後はHO小栗冬雅(4年)がブラインドサイドを突いてインゴールに押さえ、ゴールも決まって10-10と同点に追いつく。

しかし、終始スクラムで優勢だった日本大はペースをつかみ、23分にCTB(センター)フレイザー・クワーク(3年)、33分とロスタイムにFLサミソニ・アサエリが連続トライを挙げて29-10で勝利した。

MOMには日本大のCTBクラークが選出された。日本大のキャプテンHO藤村は「前半、FWで圧力をかけていて、後半、相手はボディーブローのように体力にきて足が止まってきた」と振り返った。

17日のもう1試合は、ともに開幕から連敗中の大東文化大学と中央大学が激突した。

試合が動いたのは前半22分、中央大がスクラムを起点に攻撃し、最後はLO藤牧拓真(4年)が右中間に押さえて。5-0と先制に成功。30分には大東文化大も反撃し、スクラムからNO8サイモニ・ヴニランギが、40m独走しトライを挙げて7-5と逆転に成功する。

だが、中央大は33分、プレー中にモールを組んでFL平見尚(1年)が押さえて12-7とすぐに逆転する。大東文化大もロスタイムにCTBペニエリ・ジュニア・ラトゥ(1年)がPGを決めて、10-12と2点差で折り返す。

後半、互いにモールを起点に1トライずつを取り合った後、大東文化大は20分にNO8ヴニランギが2本目のトライ。30分に相手パスをインターセプトしCTBシオペ・ロロ・タヴォが飛び込んでトライを挙げて29-19と10点リードした。

しかし、中央大もあきらめることなく、38分にはFWで連続攻撃した後、右ライン際にいたWTB杉本崇馬(2年)が走りきってトライ。さらにロスタイムにモールを押し込んで、途中出場のNO8吉田幸司(1年)が右中間にトライを挙げて、29-29と同点に追いつき、試合はそのままノーサイド。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ