人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月18日

対抗戦は明治、早稲田、帝京、リーグ戦は東海、日本、流通経済が開幕3連勝。関東大学ラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

関東大学ラグビーが開幕して3週目を迎えた10月17日(土)18日(日)、対抗戦Aグループ4試合、リーグ戦1部の計8試合が行われた。対抗戦は明治大学、早稲田大学、帝京大学が開幕から3連勝。リーグ戦も東海大学、日本大学、流通経済大学が3連勝して、力のあるところを証明して見せた。

ラグビー関東大学対抗戦は18日(日)に4試合が行われた。昨年のワールドカップの舞台にもなった熊谷ラグビー場では、昨季の王者・明治大学と、昨季3位タイの筑波大学が激突。

筑波大を退け明治大が3連勝

前半は明治大が、SH(スクラムハーフ)飯沼蓮(3年)らが3トライを挙げれば、筑波大もFL(フランカー)岩田真樹(2年)が2トライを重ねて、明治大が19-12と7点のリードで前半を折り返す。

お互いに接点で一歩も引かない状況の中、後半12分、明治大にシンビン(一時退場)があり、筑波大が数的有利になるものの、得点を挙げることができなかった。

15-15になった直後の26分、明治大はモールを押し込んでペナルティトライを獲得し26-12。直後に筑波大に1本トライを許したが、ロスタイムにもトライを挙げて33-17と突き放し、開幕3連勝を飾った。

MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)にはセットプレー、特にラインアウトで存在感を見せた明治大LO(ロック)片倉康瑛(4年)が選出された。

明治大のキャプテンNO8(ナンバーエイト)箸本龍雅は「点差は広げることができなかったが、いい試合ができた。勝ち切れたことがいい経験になった。課題がたくさん見つかり、気が引き締まる試合になった。個人的にはプラスに捉えている」と語った。

2トライでチームを鼓舞した早稲田NO8丸尾主将

昨年度の大学王者・早稲田大学は、同じく熊谷ラグビー場で日本体育大学のチャレンジを受けた。早稲田大学がハーフ団を中心にFW(フォワード)、BK(バックス)一体となったテンポ良い攻撃を仕掛けて、前半だけでWTB(ウィング)槇瑛人(2年)らが5トライを挙げて35-0とリードする。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ