人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年2月4日

25年目のスーパーラグビー開幕 サンウルブズ、「気概」見せて開幕戦初勝利 王者クルセイダーズも好発進

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

25年目のスーパーラグビーが1月31日、開幕した。日本のサンウルブズが開幕戦を勝ったことで今まで以上の注目を集めることになりそうだ。同リーグは1996年に発足し、世界のプロラグビーをけん引してきた。2015年まではニュージーランド(NZ)、南アフリカ、オーストラリアの南半球3強国のプロクラブで行われてきたが、2016年からアルゼンチン、日本からもチームが参戦。各国の代表選手、代表を目指すトップ選手たちが攻撃的なラグビーで観客を楽しませるエンターテインメント性の高いリーグだ。ラグビーワールドカップ日本大会からラグビーに関心を持った皆さんにも、十分に楽しめるものだ。

1月31日の開幕戦が行われたのは、2011年のラグビーワールドカップ(RWC)のメインスタジアムだったNZオークランドのイーデンパーク。ブルーズ対チーフスのNZダービーだった。チーフスは、ウェールズ代表を12年にわたって率い、昨年のRWC日本大会にもやってきた名将ウォーレン・ガットランドが今季から指揮を執る。元ニュージーランド代表(オールブラックス)SOアーロン・クルーデンがフランスから戻り、3年ぶりに復帰したことも話題だ。初戦ではブルーズに先制されながら、後半にクルーデンやオールブラックスのCTBアントン・レイナートブラウンなどを投入して流れを変えて逆転。最終的には37-29で白星スタートを切った。

三連覇を狙う王者クルセイダーズは、オーストラリアのワラターズと対戦。キャプテンに就任したLOスコット・バレットのパスを受けたWTBウィル・ジョーダンの先制トライ。今季の注目株であるWTBレスター・ファインガアヌクがパワフルにタックラーをかわすトライなどで43-25と快勝した。

開幕節で驚きのパフォーマンスを見せたのは、なんといってもサンウルブズだ。今季はトップリーグと日程が重なったことで日本代表選手の招集が難しい中、よくチームがまとまっている。大久保直弥ヘッドコーチ、沢木敬介コーチングコーディネーターを軸に約4週間、「テストマッチ(国代表同士の試合)のつもりで、必勝態勢で臨む」(大久保HC)と、レベルズ(オーストラリア)にターゲットを絞って準備したという。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ