人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年2月4日

25年目のスーパーラグビー開幕 サンウルブズ、「気概」見せて開幕戦初勝利 王者クルセイダーズも好発進

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

写真:ジェームズ・ダーガヴィル

福岡のレベルファイブスタジアムには、国内では東京以外で初開催となるスーパーラグビーを一目見ようと、10,426人の観衆が集った。キャプテンのFBデイン・ハイレットペティを筆頭にオーストラリア代表を多数含むレベルズに対し、サンウルブズは序盤からスピーディーに戦った。前半9分、天理大学3年のWTBシオサイア・フィフィタの突進でチャンスを作ると、キャプテンを務めたCTB森谷圭介が先制トライ。森谷は26分にも好判断のロングパスでWTBタウタラタシ・タシのトライを導くなど、攻守にチームをリードした。大きかったのは後半開始早々のFBジェームズ・ダーガヴィルのトライだ。レベルズのショートパントをハーフウェーライン付近のタッチライン際で確保すると、約50mを走り切ってのトライ。これで、29-13と点差を広げると、後半なかばには早稲田大学4年のSH齋藤直人が登場し、ゴール前スクラムからのサインプレーでSOガース・エイプリルのトライを引き出すなど冷静にプレー。同大学4年のCTB中野将伍も終盤に交代出場しスタンドを沸かせた。最後は点差を詰められたが、齋藤が好タックルでノックオンを誘うなど守り切った。

写真:ガース・エイプリル

サンウルブズがレベルズに勝ったのは、6度目の対戦にして初めて。大久保HCは「ファンの皆さんは、(サンウルブズは)大丈夫なのかと思っていたでしょう。我々が寄せ集めではないと分かってもらえたら嬉しいです」と笑顔で勝利を喜んだ。「ロースコアのゲームでは勝つチャンスがないと思っていました。30点取りに行こうというのがスタートでした。(レベルズの得意の)モールでトライされたことにショックはありませんでした。何本かはトライをされるだろうけど、取り返そうというのが良かったと思います」。サンウルブズはこれまでも攻撃型のチームだった。取られたら取り返す。今後も、そのアグレッシブな姿勢を楽しみにしたい。

この3試合以外では、オーストラリアのブランビーズ、南アフリカのシャークス、ストーマーズ、アルゼンチンのハグアレスらが初戦を勝利で飾っている。ハグアレスは昨年までジャガーズと表記されていたが、現地の読み方にならってJSPORTSでは今季よりハグアレスと呼ぶことになった。RWC直後のスーパーラグビーは各チームに若手選手が多くなる。各国の代表チームに入る選手が誰になるかを想像するのも楽しみの一つ。RWCでも、トップリーグでもないスーパーラグビーは、演出もプロフェッショナルで華やか。一味違ったラグビー観戦を、テレビでスタジアムで堪能してみてはどうだろう。

文:村上 晃一

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ