人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年1月18日

チームの総合力が問われる戦い トップリーグカップ戦総合順位決定トーナメント 決勝プレビュー

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

キャプテンは、FBジオ・アプロン。175cm、79kgという小さな体で南アフリカ代表17キャップを獲得したキレのあるステップはサントリーにとって脅威になる。先週の試合後、トヨタ自動車のジェイク・ホワイト監督は「トヨタはまだ勝ち方を学ぶ必要がある」とコメントした。トヨタ自動車のメンバーは、FW第一列の両PR三浦昌悟、木津悠輔はともに入社一年目。経験の浅い選手も多く、チームとしては発展途上だ。サントリーを相手に全力を出し切ることでさらに成長したい。

トップリーグ開幕節でも対戦したサントリーとトヨタ自動車

トップリーグ開幕節でも対戦したサントリーとトヨタ自動車

大型選手を揃え、フィジカル面で自信を持つトヨタ自動車が激しく前に出るのか、サントリーがスピーディーな連続攻撃でトライを奪うのか。体の大きさでは劣るサントリーが、スクラム、ラインアウトでどう対抗するか。見どころは多い。両者はトップリーグ開幕節(2018年9月1日、豊田スタジアム)で対戦し、27-25でサントリーが勝っている。しかし、このときの先発メンバーで今回も先発するのは、トヨタ自動車では、三浦、彦坂、木津のフロントロー、LOヴェグナー、CTBイェーツ、WTB岡田、FBアプロンの7名。サントリーは、堀越、北出、垣永のフロントローに、CTB梶村の4名。選手層の厚さも含めたチームの総合力が問われる。未来の日本ラグビーを明るく照らすような戦いを期待したい。

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ