人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年6月1日

アウェイでの初勝利をつかみ新たな歴史を作れるか ブランビーズ vs. ヒトコム サンウルブズ プレビュー

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

サンウルブズは、第14節で2連勝を成し遂げて以降、日本代表選手が大量に離脱。第15節でレベルズに敗れた後も、LOグラント・ハッティング、CTBマイケル・リトルらが怪我で離脱し、今回は苦しい布陣になると思われていたが、発表されたメンバーを見ると、怪我の癒えた立川理道がインサイドCTBで先発し、本来はCTBのジェイソン・エメリーとコンビを組むなど楽しみな組み合わせが多い。アレックス・ウォントン、フェツアニ・ラウタイミ、ゲラード・ファンデンヒーファー、石井魁の4人は出場すればスーパーラグビーデビューとなる。日本代表とサンウルブズをほぼ同じスコッドで戦っているゆえのメンバー変更で難しい戦いが続くが、コンビネーションが合わずにミスが多発した前節と同じ状況に陥らないよう、シンプルなプレーでミスを減らし戦いたい。

両チームは第2節で対戦し、このときはブランビーズが32-25で勝ったが、サンウルブズも7点差以内の負けに与えられるボーナス点を獲得した。ここまでのスタッツ(統計数値)で両チームを比較すると、ディフェンス突破は、ブランビーズの「224」に対して、サンウルブズは「268」。ボールを持って進んだ距離「キャリーメーター」も、4681m対4881mでサンウルブズが勝っている。数字上は遜色ない戦い方ができるはずだ。

ヘッドコーチ代行のスコット・ハンセンは、「今週は一週間を通して良い準備ができていますので、週末の試合でも良いパフォーマンスを見せてくれると思います。ブランビーズはとてもいいチームですが、我々は自分たちのパフォーマンスにフォーカスし、ゲームをしっかりコントロールしたいと思います」とコメント。キャプテンを務めるFLヴィリー・ブリッツ、LOサム・ワイクスら経験豊富な選手のリーダーシップがカギだろう。立川理道は「アウェイでの初勝利をつかみ、また新たな歴史を作れるよう、日曜の試合に挑みたい」と話した。香港でのストーマーズ戦勝利は、実はサンウルブズのホームだった。新たな歴史を作る試合となるか、選手たちの奮闘に期待したい。

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ