人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年3月26日

サンウルブズ、「開花宣言」はならず…。スーパーラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

モールで攻めこむサンウルブズ

前節、敗れたものの、2年連続準優勝のライオンズを苦しめたヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ

南アフリカから月曜日に帰国して、中4日間の3月24日(土)、三菱地所スーパーラグビー2018第6節、ニュージーランドのチーフスをホームの東京・秩父宮ラグビー場に迎えた。

チーフスといえば今季からサンウルブズに入ったFL(フランカー)リーチ マイケル、SO(スタンドオフ)/FB(フルバック)ロビー・ロビンソンがプレーしていたチームで、2012年、2013年にはスーパーラグビーを制し、この3年間もリーグ戦で毎年11勝を挙げている強豪である。

ただ、昨季はサンウルブズに対して、ホームで勝利したものの27-20と苦しんだころもあり、この試合では共同キャプテンのひとりFLサム・ケイン、HO(フッカー)ネイサン・ハリス、LO(ロック)ブロディー・リタリック、SOダミアン・マッケンジー、CTB(センター)アントン・レイナート ブラウンとオールブラックス経験者5人を先発させた。

一方、現在開幕から4連敗で今季初勝利を目指すサンウルブズは、前節から先発メンバーを11人交替。

SO田村は今季初出場

PR(プロップ)稲垣啓太、HO堀江翔太、LOヘル ウヴェ、SH(スクラムハーフ)田中史朗、SO田村優、CTBラファエレ ティモシーといった日本代表の中心選手である経験豊富な選手がスターターに回り、昨シーズンのトップリーグで大活躍したWTBセミシ・マシレワはサンウルブズでは初先発となった。

桜が開花し、時折、春の日差しが感じられるスタジアムには1万3464人の観客が集い、試合は13時15分にキックオフされた。

ホームで先制したかったサンウルブズだったが、SO田村のキックが味方に当たってしまい、そのボールをつながれて、前半4分、相手に先制トライを許し0-7。

12分にはゴール前のスクラムを押し込まれ反則。最後はLOリタリックがグラウンディングしトライ、17分にはラインアウトのサインプレーからHOハリスにトライを献上してしまい0-21。

さらに20分、サンウルブズはSHからキックを蹴ってプレッシャーを与える戦略で臨んでいたが、それが裏目に出てマークしていたSOマッケンジーにカウンターを許し、ボールをつながれトライと、いいところなく21分までに4トライを与えて、0-28と大きくリードを許した。

サンウルブズデビューとなったマシレワがトライ

ようやく、サンウルブズも反撃を開始。相手の反則からゴール前でモールを組むが、相手に粘られてしまい、ここはゴールラインを割ることができなかった。

さらに24分、WTBサウマキがラックから押さえたかに見えたが、TMO(テレビマッチオフィシャル)の末、ノックオンの判定となり、トライにはならなかった。

それでも36分、相手のタッチキックミスから中央スクラムを得て、サンウルブズがボールを継続し、最後は右サイドで古巣との対決に燃えるFLリーチが突破。オフロードパスをWTBマシレワに通し、そのまま右中間に押さえてトライ。サンウルブズが、1本返して5-28で前半を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ