人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年5月27日

柏レイソルU-18の元気印。大槻豪が発する絶対的なエネルギーの重要性 【NEXT TEENS FILE.】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

勝利の瞬間。両腕を天に突き上げ、渾身のガッツポーズを繰り出してみせる。実はそのキャラクターを考えても、間違いなく良い写真が撮れそうな選手だと確信して、試合が終わる少し前から、ずっとファインダーの中に捉えていた。かくして、読みは当たる。喜怒哀楽を詰め込んだようなこういう選手が、洗練された印象のあるこのチームにいたって、もちろんいいはずだ。

「自分たちは少し戦う姿勢が出てこないとか思われがちですけど、酒井さんや永井さん、藤田さんを信じて、『絶対にマイボールにする』とか、『1対1は絶対負けない』とか、そういう基本的なことを当たり前にできるように練習しているので、あとは試合で出すだけなんです」。

戦う姿勢と周囲を鼓舞する声で、太陽王子の仲間たちを最終ラインから牽引する熱きファイター。柏レイソルU-18のセンターバック。大槻豪が発する絶対的なエネルギーが、このチームをポジティブな方向へと導いていくことは、疑いようがない。

J SPORTS オンデマンド番組情報

プレミアリーグでは4試合を消化した時点で、1勝3敗。1週間前に開催された川崎フロンターレU-18とのアウェイゲームでは、1-5と大量失点を喫し、悔しい敗戦を突き付けられる。その一戦を受けて臨むホームでのFC東京U-18戦。「前節で負けた分、今日はホームで絶対に勝たなくてはいけない試合なので、みんな目の色を変えて練習をやれました」とは大槻。チームはこの試合に、自分たちのこれからを懸けていた。

開始早々にビルドアップのミスから先制点を献上してしまうが、それでも折れるわけにはいかない。まだ試合時間は十分過ぎるほど残っている。「それも想定内で、『自分たちで切り替えていこう』という強い気持ちでやれたと思います」と話す大槻も、センターバックの相方の花松隆之祐も、痛恨のミスパスをしてしまったGKのタイガ・オリバー・ハーパーも、しつこくビルドアップを繰り返したことで、そのハーパーのパスを起点に、同点弾が生まれることになる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ