人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年5月24日

青森山田伝統の10番の継承者。小湊絆がこのまま終わるわけがない 【NEXT TEENS FILE.】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

小湊絆

絶対王者がプレミアの舞台で苦しんでいる。開幕3連勝と最高のスタートダッシュを切りながら、第4節からまさかの5連敗。近年残してきた成績を考えると、にわかには信じられないような状況だ。そんなかつてないような逆境に立たされているチームを救えるのは、きっとこのエースしかいない。

「今年は10番を付けさせてもらうことになって、もちろん玖生さんと比較されるのはわかっています。でも、自分はフォワードをやっていて、自分の背中を全員に見てもらえるので、背中で引っ張れるようなプレーをしたいと思っています」。

ならば、ここからゴールを決めまくって、チームをその背中で牽引してもらおう。青森山田のナンバー10。この高校で、この背番号を託される意味を誰よりも理解している男。小湊絆が、このまま終わるわけがない。

J SPORTS オンデマンド番組情報

EAST王者に輝いた昨シーズンのチームは、そのほとんどが3年生の選手で占められる中、リーグ戦では先発こそなかったものの、17試合すべてでベンチ入りを果たし、ゴールも記録。間近で最強集団の息吹を感じてきた。

中でも絶対的なエースの姿は、2年生だった小湊にとっても、とにかく眩しく見えた。「玖生さんはピッチの中でも外でも堂々としていて、本当にずっと『カッコいいな』と思っていました」。松木玖生。高校年代三冠をすべてさらっていった青森山田の象徴的な存在は、今シーズンもFC東京でレギュラーを獲得し、変わらぬオーラを放ち続けている。

そんなスペシャルな先輩の後を引き継いで、背負うスペシャルな番号。プレッシャーがないはずもないが、発する言葉も頼もしい。「玖生さんの10番に少しでも近づけるように、真似するというわけではないですけど、自分なりの10番像を描きながら、やっていければいいかなと思っています」。自分が青森山田の10番を付ける意味を、1年掛けて証明していく覚悟はとっくに定まっている。

三冠王者という称号を得てしまったチームに、かつてないほどの重圧が掛かってくるであろうことは、もうシーズン前からわかっていたこと。リーグ開幕直前の3月の時点で、小湊はこう話していた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ