人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年5月13日

山田皓生と青柳龍次郎。前橋育英が誇る“主役候補”が青森山田撃破の立役者に 【高円宮杯プレミアリーグEAST 前橋育英高校×青森山田高校マッチレビュー】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

前橋育英の“主役候補”。山田皓生(17番)と青柳龍次郎(19番)

この強さは、本物だと言っていいだろう。昨年度の三冠王者でもある青森山田高校を相手に、内容でも十分に上回っての勝利。14番を背負ったキャプテンの徳永涼がピッチを華麗に舞えば、10番の高足善は果敢なドリブル勝負を繰り返し、きっちりゴールも記録。今季はフォワードを任されている小池直矢も再三際どいチャンスを作り出すなど、昨シーズンから出場機会を得てきた主役を担うタレントたちが、ピッチで躍動する。

だが、この日の勝利を引き寄せた小さくない要因として、今年からトップチームでの定位置確保を窺い始めた2人の存在は、決して語り落とせない。右サイドハーフの山田皓生と、ドイスボランチの一角を任されている青柳龍次郎。2022年の“主役候補”に名乗りを上げつつある彼らの活躍は、前橋育英が期すさらなる成長の大きなカギを確実に握っている。

「自分だけ前線で点が獲れていなくて、前の試合でも僕が決定機を外して、苦しい展開になっていたので、『オマエじゃ入らない』みたいに言われてたんです(笑)」。山田は苦笑交じりに、ここまでの自身をそう振り返る。チームとしても初昇格のプレミアリーグ。開幕からの4試合で13得点とハイパフォーマンスを続ける攻撃陣の中で、唯一ゴールを奪えていない時間が続いていた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

だが、大一番でそんな無得点の男が、堂々と主役の座をかっさらっていく。まずは前半17分。青柳の鋭い縦パスから、高足が優しく流したボールに、鋭く抜け出した17番は右足を強振。ニアサイドを抜けた軌道はゴールネットへ突き刺さる。「善から良いボールが来たので、あとは流し込むだけでした」とは本人だが、動きの質も含めて決して簡単ではない一連の流れに、非凡な得点感覚が光る。

続いては、同点に追い付かれて迎えた42分だ。大久保帆人と高足との連携で左サイドを切り裂いた山内恭輔が、そのまま速いクロスをグラウンダーでニアへ。「ゴール前の入り方は練習からいろいろな形をやっているので、キーパーとの間にタイミングよく飛び込めました」という山田は、完璧な崩しの形をゴールという形で締め括ってみせる。その鮮やかなアタックにはスタンドからも大きなどよめきと拍手が。ここまでなかなか結果に恵まれなかった男の2ゴールが、絶対王者の青森山田撃破という成果を前橋育英にもたらした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ