人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年5月13日

前田ジュビロがヴィッセルをヤマハスタジアムで迎え撃つ!ジュビロ磐田U-18×ヴィッセル神戸U-18マッチプレビュー【高円宮杯プレミアリーグWEST第7節】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

静岡ダービーで劇的勝利を収めたジュビロ磐田U-18

前田遼一監督率いるジュビロ磐田U-18の開幕ダッシュは、序盤戦のプレミアリーグにおける1つのトピックスだ。現役引退直後の昨シーズンからコーチを務めていたU-18で、指導者業をスタートさせて2年目ながら指揮官を託されたクラブのレジェンドだったが、ここまでは上々の結果と内容を両立させている。

開幕戦はいきなり前年度王者のサンフレッチェ広島ユースと対峙すると、アウェイの地で3-1と快勝。続く第2節では、清水エスパルスユースとの“静岡ダービー”にも、後半アディショナルタイムの決勝点で鮮やかな逆転勝利。第3節でも優勝候補の一角を占める名古屋グランパスU-18と激しく打ち合い、最後はやはり終了間際の勝ち越しゴールで4-3と劇的に競り勝って、3連勝を達成する。第5節でセレッソ大阪U-18には2-3で敗れたものの、ここまで3勝1敗と堂々たる成績を残してきた。

チームの躍進を前線で牽引しているのが、中山雅史・現トップチームコーチも背負った『ジュビロの9番』を託されている伊藤猛志だ。開幕戦でチームのシーズンファーストゴールを奪うと、以降も全試合で得点を叩き出し、ここまで5ゴールを記録。初黒星を喫したC大阪U-18戦でも2点をマークするなど、気を吐いた。将来の夢は「ワールドカップで点を獲れるような選手」とのこと。このストライカーの連続得点が続くかどうかは、今節でも注目すべきポイントになる。

J SPORTS オンデマンド番組情報

中盤のキーマンはボランチの亀谷暁哉。ここまでチームが挙げた11ゴールのうち、実に7ゴールに絡んでおり、その右足から繰り出される高精度キックはプレミアの舞台でも猛威を振るっている。もちろん広島ユース戦で決めた直接FKも素晴らしかったが、C大阪U-18戦では利き足と逆の左足でもピンポイントクロスを蹴り込み、伊藤のゴールをアシストするなど、左右両足を自在に操る能力の高さも披露。セットプレーも含めて、亀谷がボールを持ったら、そこからゴールへ直結するプレーを見逃してはならない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ