人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年4月28日

寡黙なストライカー。FC東京U-18・熊田直紀はゴールで自らの価値を雄弁に語る 【NEXT TEENS FILE.】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

熊田直紀

開幕から4試合で既に5ゴール。素晴らしいスタートを切っていることは間違いないが、本人はその結果に満足しているはずもない。ハットトリックを達成した前橋育英高校戦の試合後に語った言葉が、何よりもそのことを証明している。

「ゴールは獲れるだけ獲って、その試合に勝てればいいので、『その試合で何点獲る』という目標は作っていないです」。

FC東京U-18の攻撃陣を牽引する、才能豊かなレフティストライカー。勝負の1年に挑む熊田直紀は、ゴールを獲れるだけ獲り尽くし、数字という最大にして唯一の結果を出し続けることで、自らの価値を周囲に認めさせる決意を固めている。

J SPORTS 放送情報

「正直もったいない1年だったというか、あまりチームのために戦えていなかったという想いがあります」。2021年シーズンを熊田はこう振り返る。2年生ながら9番を託されたものの、プレミアリーグでは4試合に出場してノーゴール。夏のクラブユース選手権でも得点を挙げることは叶わなかった。

もともとは福島県の出身。「プロサッカー選手になる」という大きな目標を携え、中学進学時にFC東京U-15むさしへと加入した。最高学年になった2022年。さまざまなジャッジを下されるアカデミーラストイヤー。飛躍の萌芽はプレシーズンにも現れていた。

3月の前橋。2022プーマカップ群馬でも、地元の強豪校でもある尚志高校相手に、熊田は力強く3発を叩き込む。今シーズンからはチームのシステム変更に伴い、4-3-3のシャドーを務めることに。「フォワードだとあまりボールが来ないというのがあって、それで技術が落ちたり、ゴール前に入った時のアイデアがあまり出なくなっていたので、ボールをたくさん触れる位置で『もっとサッカーをうまくなろう』という考えで、今はシャドーをやっています」と自身も前向きに取り組むことで、よりゴールへと直結するプレーが増えている。

プレミアEAST第3節の前橋育英戦。前述したようにハットトリックを披露したのだが、本人はゴール後もクールな姿勢を崩さなかった。左からのクロスをダイレクトで合わせた1点目はファインゴール。2点目も決して簡単ではない左クロスから得点を生み出すも、「アレはストライカーとして決めないとダメなので、そんなに評価するところではないかなと思います」と言い切っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ