人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年4月22日

浦和や神戸にとっては貴重な強化の場に・・・日韓両国と東南アジア勢が絡む混戦となったACL

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line
J SPORTS

J SPORTS

東南アジア各地で集中開催されているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)東地区のグループステージは半分の日程を消化したが、各グループとも混戦の様相を呈している。

中国のクラブが経営状態の悪化で弱体化し、さらに新型コロナウイルスを巡る中国政府の厳しい「ゼロコロナ」政策の影響で各クラブは最強チームを海外に出すことができず、2軍クラスが参加(感染拡大と都市封鎖が続く上海の上海海港は棄権)。「ラウンド16進出」を巡る争いは日韓両国の一騎打ちになるかと思われていた。

直接対決では日本の各クラブは韓国相手を苦戦を強いられている。

第3節終了時までに日韓両国の対戦は3度あったが、最初の試合で川崎フロンターレが後半アディショナルタイムに同点ゴールを決めて辛うじて引き分けに持ち込んだだけで、横浜F・マリノスは全北現代モーターズに、浦和レッズは大邱FCにともに0対1のスコアで敗れてしまった。

その韓国チームとの対戦で、横浜FMのボール保持率は69%、浦和は74%とともにボールは握っているものの自陣に引いてブロックを作る韓国チームの守備を崩せず、逆にカウンターから失点する(横浜FMの場合はカウンターからPKを与えての失点)という同じパターンの繰り返しとなっている。川崎も、やはりボール保持では上回りながら、カウンターで先制を許している。

韓国は日本のクラブとの対戦では「引いて守ってカウンター」という割り切った戦いをしているのだ。

気温が30度を超え、湿度も高い中で中2日の6連戦……。日本や韓国のチームにとっては厳しい条件だ。夏場であれば日本も韓国も高温多湿になるが、冬場は寒さが厳しい。4月の時点では日本や韓国の選手たちは体が暑さに馴れていないのだ(昨シーズンのグループステージは6月開催だったが、今年は時期が前倒しになった)。

そんな厳しい条件での戦いだったからこそ、韓国チームは「引いて守ってカウンター」で“省エネ”に徹する選択をしたのだろう。普通のコンディションに比べて動きの悪い日本の選手たちは、少なくとも第3節までは韓国の分厚い守備を崩すことができなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ