人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年12月28日

センセーションを起こした「メニーナ」の活躍。層が厚くなっている日本の女子サッカー界の現在地

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line
J SPORTS

J SPORTS

12月27日に行われた第26回全日本U-15女子サッカー選手権大会決勝戦で、日テレ・東京ヴェルディメニーナがJFAアカデミー福島を破って優勝を決めた。

試合会場の東京・味の素フィールド西が丘で、試合終了後に何人かの知人と顔を合わせたが、異口同音にそのプレーのレベルに感嘆の声を上げていた。

「とても、中学生の女の子たちとは思えない」というのである。

「メニーナ」は、日本の女子サッカーで絶対的な存在である日テレ・東京ヴェルディーベレーザの育成部門である。この大会では、そのメニーナの中のU-15年代の選手たちが優勝を決めたのである。

いわば“姉貴分”に当たるベレーザと同じく4-3-3のシステムのメニーナは、試合開始直後から主導権を握った。そして、開始からわずか5分でワントップの新宮さくらがドリブルで相手ペナルティーエリアに切り込んであっさりと先制ゴールを決めてしまった。そして、21分には右サイドバックの新井萌禾がワンツーでのパス交換をまじえてドリブルで攻め上がり、そのまま至近距離まで持ち込んで決めて2対0。

その後、28分にJFAアカデミー福島の右サイドバックの名木野桃嘉がミドルシュートを突き刺して1点差に追い上げたが、後半に入って67分、メニーナのMF梅本恵が左サイドからインフロントにかけてファーサイドを狙うシュートで3対1と突き放し、後半のアディショナルタイムにJFAアカデミー福島の木村未来がロングボールがワンバウンドするところをアウトサイドで浮かせてループ気味に決めて再び差を1点に縮めたものの、そのままタイムアップ。

1点差ではあったものの、90分を通じてメニーナが支配していた時間が大部分だったことを考えれば、メニーナの勝利は順当な結果だった。

アンカーの梅本を中心としたMF陣が次々とポジションを入れ替えながら、スペースを作っては、他の選手がそのスペースを利用する。さらに、左サイドからは小島世里がドリブルで切り崩しを図り、左サイドバックの今野杏凪がオーバーラップをかける。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ