人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年11月22日

現役引退を表明した阿部勇樹選手。本職はボランチだが、長くCBとしても活躍

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

11月20日に行われたJ1リーグ第36節。僕は、埼玉スタジアムでの浦和レッズ対横浜F・マリノスの試合を観戦に行った。「ワクチン接種・検査パッケージ」での入場が認められたことで、快晴に恵まれた埼スタに詰めかけた観客は2万人を超えた(2万1257人)。

J1リーグはすでに川崎フロンターレの優勝が決まってしまっているが、上位の順位争いはまだ続いている。この試合も、そうした上位チーム同士の直接対決、いわゆるACL出場権争いの試合だが、僕にとっては「来シーズンの川崎フロンターレへの挑戦者は誰なのか?」という興味が大きかった。

試合はアウェーの横浜FMが支配。シュート数は浦和の3本に対して横浜FMは12本だった。しかし、結果的にはセットプレーとカウンターから2点を奪った浦和が2対1で横浜FMを破ったのだ。見事な、狙い通りのカウンターだった。

そういえば、浦和は今シーズンの川崎相手にも、セットプレーから得点を生かしてYBCルヴァンカップとリーグ戦で3戦連続の引き分けに持ち込んでいる。

では、果たして浦和はこれからカウンター型のチームとして進化していくのだろうか。

この試合の“勝ち方”は狙い通りのカウンターをゴールに結びつけた見事な勝ち方ではあった。だが、浦和目指すべきの将来像はまだ明確化していないような気がする。つまり、これからの浦和は10年以上前のワシントンやポンテがいた時のようなカウンター型として進化していくのか、それともポゼッション・サッカーで相手を崩すチームとなるのか……。

もちろん、相手によって相貌を変えるチームになっても面白い。リカルド・ロドリゲス監督というのは、もしかしたらそういうタイプの指揮官なのかもしれない。

さて、埼スタまでは埼玉高速鉄道の浦和美園駅から20分ほど歩くことになる。

歩いていると、赤いレプリカユニフォームを着こんだ浦和サポーターの背中をたくさん見ることになる。別に数えたわけではないのだが、どうも「22」を付けているサポーターが多いような気がする。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ