人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年8月12日

静岡学園高校のリズムを刻む“精密時計”。玄理吾はサッカーの楽しさを自らのプレーで体現していく【NEXT TEENS FILE.】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

玄理吾

とにかく正確に、しかも、とにかく楽しげに、攻撃のリズムを刻んでいくそのプレーは、テクニックにこだわりを持つような名手が居並ぶ“ガクエン”の中でも、異彩を放っている。「常にボールをなくさずに攻め続けて、相手陣地だけでサッカーをするようなスタイルが静岡学園だと思います。ボールを失った時の攻守の切り替えの早さには常に課題があるので、そこがしっかりできればもっと完成度が高くなって。理想のスタイルに近付いていくと考えています」。静岡学園高校の攻撃のリズムを刻む”精密時計”。磨き続けてきた揺るがぬ技術をひっさげ、玄理吾が全国の舞台で躍動する時が迫っている。

高円宮杯プレミアリーグEASTでも首位を快走し続けるなど、今年の高校サッカー界を牽引している青森山田高校。そのモンスターチームに、3月の時之栖チャレンジカップで4-3という壮絶な打ち合いの末に勝利を収めた静岡学園は、今回のインターハイでも当然のように優勝候補の一角に名前が挙がっている。

タレントも豊富に揃っている。プリンスリーグ東海で得点ランクトップを走るFW持山匡佑。ドリブルの切れ味は同校でも歴代屈指と川口修監督も認めるMF古川陽介。年代別代表にも招集されている189センチの技巧派CB伊東進之輔。ただ、個性派が集うグループでチームメイトからも「あんなに“テクれる”なんて、サッカーがメッチャ楽しいと思いますよ」と一目置かれているのが、中盤で違いを生み出していく玄だ。

派手なプレーを繰り出すわけではない。「常に周りを見ることは意識しています」と語ったように、周囲との連携の中で生きていく選手であることも間違いないが、いわゆる“止める、蹴る”の正確さは衝撃的。インサイドキックで刻んでいくショートパス。確実にトラップでボールを足元に収めてからのターン。スペースを見つけた時にグサリと打ち込むスルーパス。参考にしている選手は、チェルシーに所属するイタリア代表のジョルジーニョと言うだけあって、そのすべてが『サッカーの上手いヤツ』のそれである。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ