人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年8月10日

前橋育英高校の絶対的キャプテン。桑子流空は憧れのタイガージャージで日本一を狙う【NEXT TEENS FILE.】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

桑子流空

ずっと憧れ続けてきた黄色と黒のユニフォームに袖を通し、キャプテンマークを託されたからには、自分の為すべきタスクもおのずと決まってくる。「やっぱりキャプテンとしてチームを引っ張っていく存在にならないといけないですし、人一倍声を出して、チームを鼓舞することは必要不可欠な部分だと思うので、自分の中ではすべての面で『絶対負けない』というところは決めています」。前橋育英高校の絶対的キャプテン。桑子流空はこのチームで日本一を獲るために、確固たるキャプテン像の確立に余念がない。

「小学校の頃から育英の試合を見ていて、本当にずっと『カッコいいな』と思っていて、6年生の時に見た正田醤油スタジアム群馬での選手権予選決勝は本当に衝撃的で、『育英でプレーしたい!』と思って前橋FCにも入りましたし、その前橋FCでもキャプテンをやって、『育英でも絶対キャプテンをやりたい!』という欲は、誰よりもあるという自信がありました」。

小学校6年生から目指してきた、『前橋育英でキャプテンになる』という憧れを実現させた桑子は、実際にその立場になってみて、責任の大きさを実感している。「育英のキャプテンは自分が目指していたことなので、実際に就任できて嬉しいんですけど、その分だけ絶対にやらなきゃいけない部分があるので、そこはもっと自分の課題としてやっていきたいなと思います」。

1つ上の代では熊倉弘貴、2つ上の代では渡邊綾平というキャプテンが、強いリーダーシップでチームを牽引していた。それを見てきた桑子は「去年の弘貴さんも、一昨年の綾平さんも本当に上手いし、人間性でも引っ張っていくイメージがあるので、そこは最低限やらないといけないことですよね」と口にしながら、「それにプラスして、自分はチーム全体を見る力には自信があって、全体を底上げしていきたいので、そこは過去のキャプテンよりも自身の持ち味としてやっていきたいと思います」と、チーム全体の総和で戦う想いを強調する。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ