人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年5月27日

青森山田が掲げる『1本中の1本』。それはウォーミングアップから貫かれていた【高円宮杯プレミアリーグEAST 清水エスパルスユース×青森山田高校レビュー】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

青森山田高校

清水エスパルスユースとの全勝対決を制し、開幕7連勝というプレミアリーグEAST新記録を達成した青森山田高校。豪快な左足ボレーで決勝ゴールを叩き出した藤森颯太は、その貴重な一撃を振り返ってこう口にした。「『1本中の1本』って山田では言われているので、そこはこだわった1本でしたね」。青森山田の選手たちが揃って口にする『1本中の1本』。その言葉にこそ、彼らがここまでの圧倒的な結果を残している理由がある。

J SPORTS 放送情報

プレミア開幕戦の浦和レッズユース戦。アウェイで4-0と快勝を収めた試合後、素晴らしい2ゴールをマークし、チームに勝利をもたらしたストライカーの渡邊星来は、自身の得点を喜びながらも、その後に意外な言葉を紡ぐ。

「ハットトリック、行けましたね。1本ナス(名須川真光)がヘディングしたこぼれをクロスバーに当ててしまったんですけど、そこがまだ自分の課題だと思います。『1本中の1本』という言葉が青森山田にはあって、自分でもまだこだわれていないですし、もう今日は終わったことなので、明日からまた『1本中の1本』にこだわっていけるように、努力していきたいです」。

確かに渡邊にはハットトリックのチャンスがあった。ただ、もうそれは点差が4点に開いていた後半のこと。青森からの長距離移動もあり、開幕戦という独特の緊張感の中でこれだけのゲームをできれば、普通の高校生は大いに満足して帰路に着くことだろう。それでも、普段から笑顔を絶やさないムードメーカーのストライカーが、そう言って気を引き締めた表情が強く印象に残った。

プレミア第4節の横浜F・マリノスユース戦。リーグ戦4試合目にしてオウンゴールによる初失点こそ喫したものの、4-1と力の差を見せ付けての勝利で、開幕から無傷の4連勝を達成した青森山田。だが、ディフェンスリーダーの三輪椋平は、この試合を前に指揮官から喝が入ったことを神妙な面持ちで語る。

J SPORTS オンデマンド番組情報

「今週の練習の中で過信というか、『3連勝したので、できている』と思っていた自分たちがいて、監督からも結構厳しく言われたこともあって、それから自分たちも勘違いせずに、『1試合、1試合、本当に目の前の試合を100パーセントで戦おう」という準備をしてきました」。さらに少し具体的な内容を問うと、三輪は丁寧に振り返る。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ