人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年9月7日

~FC東京U-18~角昂志郎は結果を背負える“10番”へ

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

FC東京U-18:角昂志郎

サッカーと共に生きる日々がスタートしてから、初めての状況を味わったことで、改めて感じたことがある。「一度サッカーがない生活を体感したことで、サッカーのありがたみも知ったし、今は普通に友達とボールを蹴っているだけでも『サッカーって楽しいな』って心の底から思いますね」。生粋のサッカー小僧。角昂志郎の止まっていた時計が、再び動き出す。

昨年の前半戦。角はケガに悩まされていた。10月開催のFIFA U-17ワールドカップでメンバーに入ることを最大の目標に掲げ、アピールを誓っていたものの、トレーニングすることもままならない。「いつ治るかわからないケガで、正直サッカーをやりたくてもやれない気持ちというのが、メッチャ苦しかったです」。先の見えない状況に焦りばかりが募っていく。

徐々にコンディションを復調させつつ、何とかメンバー入りを果たした世界の舞台は、何より“悔しさ”という感情を17歳に突き付ける。初戦は出場機会がなく、2戦目は残り3分での交替出場。3戦目でようやくスタメンに指名されながら、結果的に敗退を強いられたラウンド16では、ピッチに立つことは叶わなかった。

J SPORTS 放送情報

「ワールドカップに良い思い出はあまりないですね」。思い描いていたような活躍ができなかった経験は、意識の部分に変化をもたらす。「そこで自分の立ち位置というのを改めて感じて、『もっと努力しなきゃな』と感じて日本に帰ってきて、練習前に自主練するようになりましたし、意識は変わりました」。その努力と変化をプレーで証明する機会が、ようやくこの9月から巡ってくる。

ちなみに、好きな教科は倫理。「ある1つのものに対して、いろいろな角度から見るんですよ。『万物の根源は水である』とか『世界は水でできている』とか、いろいろな考え方があって、自分が想像していなかったような考え方を聞くと、『なるほど。サッカーでもそういうプレーがあるかもな』という発見があるので、面白い教科だなとは思います」。きっちりと思考した上で言葉を選び取っていく、彼の普段の会話スタイルと通じる所もあって、興味深い。

J SPORTS オンデマンド番組情報

残された時間は4か月あまり。「正直、今までは『先輩に付いていく』感じで、点を決めることも少なかったですし、昨年は数字で表現できなかった年だったので、今年は『ゴールを獲りたい』『チームを勝たせたい』という想いが強くなってきました」。託された番号の重みも感じつつ、結果の責任を背負う覚悟は揺るぎない。

FC東京U-18。10番。角昂志郎。青赤のファンタジスタに是非ご注目あれ。

文 土屋雅史(J SPORTS)

土屋 雅史

土屋 雅史

Jリーグ中継担当プロディーサーを経て、デイリーサッカーニュース Foot!を担当。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ