人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年8月18日

「下克上」は見られなかったが若手の活躍は楽しめたルヴァンカップ

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

JリーグYBCルヴァンカップのプライムステージに進出する8チームが決まった。

カップ戦ならではの「下克上」を期待したものの、どうやら今シーズンのカップ戦は“強者たちの戦い”となるようだ。

というのも、準々決勝に進出した(ACL参加の3チームを含む)8チームを現在(第9節終了時点)のJ1リーグの順位表に当てはめてみると、1位、3〜6位、9〜11位とリーグ戦上位のチームばかりになったからだ。

グループステージの第3節(最終節)、僕はその「下克上」を期待してShonan BMWスタジアム平塚を訪れた。

グループDでは柏レイソルがすでに前節でプライムステージ進出を決めており、他のグループでも勝点6を持っているチームがかなり有利な状況だった。問題は、2位のうち最高の成績で準々決勝に進む“ワイルドカード”の行方だった。

グループAでは川崎フロンターレと名古屋グランパスが勝点6で並んで最終節は直接対決だったから、この試合が引き分けに終わったら、名古屋が勝点7で2位になるので、他のグループの2位は追いつけない。

問題は、もしこの名古屋対川崎の試合で勝敗が決した場合のことだ。得失点差で劣る名古屋でも「+4」なので、1点差で敗れたとしても「+3」ということになる。第2節終了時で得失点差「0」の湘南ベルマーレが追いつくには、3点差の勝利が必要となるし、総得点のことを考えれば4点差が必要となる可能性が高い。

ただ、第3節の対戦相手のガンバ大阪はすでに敗退が決まっているので、大幅にメンバーを落としてくるだろうから、「可能性はある」と思って観戦に行ったのだ。

平塚までの移動中に、サガン鳥栖で新型コロナウイルスのクラスターが発生してサンフレッチェ広島との試合が中止になったというニュースを知った。広島も、2位に届く状態だったので、状況は複雑になった。

そして、平塚に到着すると「雷雨が近づいているので、キックオフ時刻を30分遅らせることになった」というアナウンスが流れた。実際には、雷雨の中心は平塚よりかなり西側の小田原を通り過ぎたので、雷鳴は聞こえたものの雨は大したことがなかった。ただ、この30分の遅れによって、湘南は他会場の結果を知った状態でフィニッシュできるというアドバンテージをもらえるようになったので、「これは、何かが起こるかな」と一瞬思った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ