人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年7月10日

良い内容のサッカーをした仙台と横浜FC。優れた指導者が作り上げた機能的な組織

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

J1リーグは7月4日に再開され、第2〜3節が終了した。選手や関係者の2回目のPCR検査でも陽性者は出ず、ここまで無事に試合が消化できたことは何よりの収穫だ。

もちろんご承知のように、ここまではすべて無観客の「リモートマッチ」だった。スタンドに人がいないのはもちろん寂しいが、試合が始まってみればプレーに集中しているから大きな違和感はなかった。6月に主要国のトップを切ってブンデスリーガが再開された時には何か試合に集中できなかったのだが、テレビで見るのと生で見るのとの違いなのか、あるいはブンデスリーガなどヨーロッパ各国のリーグを通じて“無観客”に慣れてしまったからなのかは分からないが、試合には集中できた。

選手同士の声が聞こえるのも面白い。Jリーグでは日本語だから、選手同士の声もよく理解できるし……。ただ、ベンチから審判の判定などに対して大声で文句を言う声が聞こえてきたのには興醒めした。たしかに審判も試合勘を失っていて「あれっ?」という判定もいつも以上に多いが(そして、今シーズンはVARも入らないが)、今は大声で異議を唱えるのは自粛してもらいたいものだ。

J SPORTS 放送情報

さて、無観客開催の間は記者席にも入場制限が掛けられていた。「記者は25人まで」だったのだ。そして、通信社、新聞社、専門誌……といったように優先順位が付けられている。「25人」というのは微妙な数字で、「各社1人だけ」なのではあるのだが、上位チーム同士の好カードではなかなかフリーランスには順番が回ってこないのだ。

そこで、第2節、第3節はビッグクラブ同士の試合は避けて、中位、下位チームの試合を見に行った。第2節は湘南ベルマーレ対ベガルタ仙台、第3節(水曜日開催)は柏レイソル対横浜FCのカードである。

ベガルタ仙台や柏レイソルを「中位」とか「下位」というのは失礼かもしれないが、仙台は渡邉晋監督が作ったアグレッシブなチームだったものの、昨シーズンは内容が結果に結びつかず、11位に終わっている。柏レイソルは、一部には優勝候補に挙げる人もいるが、それでも“昇格組”の一角である。

大きな収穫は「中位」、「下位」チームでも良い内容のサッカーをしていたのを知ったことだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ