人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年10月25日

FIFA U-17 ワールドカップ開幕直前! 中村航輔が正GKとして8強入りした11年大会を振り返る!!

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

今月26日にブラジルの地で開幕を迎えるFIFA U-17ワールドカップ ブラジル 2019。日本はグループDに入り、日本時間の28日にオランダ、31日にアメリカ、11月3日にセネガルと対戦する。世界のトップレベルを体感できる同大会において、U-17日本代表史上最高成績は1993年大会と2011年大会のベスト8。その後者のチームで守護神を任されていたのが、 昨年のFIFAワールドカップ ロシア 2018の日本代表メンバーにも選出された柏レイソルのGK中村航輔だ。

―U-17W杯を迎えるときはどんな心境でしたか?
「初戦のジャマイカ戦に入場したときの景色は覚えていますね。他の選手はどうだったか分からないですけど、僕は楽しみというよりも緊張の方が大きかったと思います」

―グループリーグでジャマイカ、フランス、アルゼンチン、決勝トーナメントでニュージーランド、ブラジルと対戦しましたが、どの試合が一番印象深いですか?
「やはり準々決勝のブラジル戦(※2-3で敗戦)です。0-3から2点取って『これはもしかしたら』と。追い付ける雰囲気はありました。確かスタジアム全体が『ハポン!ハポン!(スペイン語で日本)』みたいになったんですよね」

―大会を通してインパクトのあった選手はいますか?
「ブラジルのマルキーニョス(現パリSG)ですね。『ダイビングヘッドをしてくるセンターバックがいるぞ』という情報を共有していましたし、確か当時はスキンヘッドだったんですよ。今はパリでロン毛になっていますけど(笑)」

―ゴールキーパーの中村選手、センターバックの岩波拓也選手(浦和)と植田直通選手(セルクル・ブルージュ/ベルギー)はずっと一緒にプレーしていたイメージがありますが、その3人のトライアングルはいかがでしたか?
「正直この年代の代表は中学生の頃からJクラブの選手が本当に多かった中で、植田は1人だけ高体連だったので、最初は『アレは誰だ?』みたいな感じでした(笑)。でも、振り返ってみると、あのチームがあそこまで行けたのはセンターバックの2人が強かったからだと思います。このときは彼らがいるのが当たり前だったので、あれが普通だと感じていましたけど、今思えば頼もしい2人でしたね」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ