人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年7月25日

激戦必至!夏の日本一決定戦!今年も注目の強豪校がそろい踏み!サッカー インターハイ2019の展望

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line
2018決勝戦表彰式
令和になって初めての“夏の日本一”を巡り、全国から集った52校がしのぎを削る全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会。今回は9年ぶりの沖縄開催という土地柄もあり、いつも以上に暑く、熱い大会になることが期待されている。今回は注目選手を紹介しつつ、トーナメントを展望していきたい。
右側の山には、超激戦と表現して差し支えない“三つ巴”が2つある。まず一番下のゾーンでは、初戦から清水桜が丘と東福岡の名門校が激突する。その東福岡で注目を集めているのが、U-17日本代表の荒木遼太郎。昨年から出場機会を得ていたアタッカーは、その高いテクニックで“赤い彗星”を牽引。ワンプレーで違いを生み出すことのできるタレントだ。そしてこの両チームの勝者を待っているのは、昨年度大会で準優勝に輝いた桐光学園。ここにもU-17日本代表の西川潤が在籍している。既に入団が内定したセレッソ大阪でJ1デビューを果たし、5月にはFIFA U-20W杯にも飛び級で出場。世代屈指のレフティとして、1年前の悔しさを優勝で塗り替える覚悟は整っている。ここを抜け出したチームが、準決勝まで勝ち上がる可能性は低くなさそうだ。

もう1つの“三つ巴”も見逃せない。3年前の高校選手権決勝のカード、青森山田と前橋育英のビッグマッチが1回戦から実現した。青森山田は昨年度の選手権優勝に貢献し、浦和レッズ入団が内定した武田英寿がキーマン。左足から繰り出されるパスもシュートも超高校級で、強豪揃いの高円宮杯プレミアリーグEASTでも得点ランキング1位タイに付けるなど、決定力も兼ね備えるタレントだ。このビッグマッチの勝者は九州の雄・大津と対峙する。現在はプレミアWESTで首位争いを繰り広げており、チーム全体が自信を付けつつある。どんな対戦カードになっても、このゾーンの“2試合”はいずれも決勝クラスの熱戦が期待される。
左の山に目を移すと、プレミアEASTでJクラブ勢に揉まれている尚志の存在も見逃せない。エースの染野唯月は鹿島アントラーズ入団が内定。高校ナンバーワンストライカーの呼び声も高く、あらゆるパターンから奪える得点力はどのチームに対しても脅威の的になるだろう。また、同じゾーンでは國學院久我山の前評判が高い。エースの山本航生は公式戦で驚異の15戦連発を記録するなど、今年に入って覚醒中。清水恭孝監督も手応えを口にしており、頂点を狙える態勢は整っている。
  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ