人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年7月2日

いよいよ準決勝を迎えるFIFA 女子ワールドカップ。ヨーロッパ勢による「打倒アメリカ」ははたして可能か?

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

フランスで開かれているFIFA 女子ワールドカップはベスト4が出そろって、いよいよ準決勝を迎える。ラウンド16で日本代表(なでしこジャパン)は敗退してしまったが、日本を破ったオランダも準決勝に進み、強豪ドイツを破ったスウェーデンと対戦する。

優勝候補は、快進撃を続けていた開催国のフランスを準々決勝で破ったアメリカだ。前回優勝の絶対王者である。

今大会最大の話題は、ヨーロッパ勢の躍進だった。

前々回優勝、前回準優勝の日本がラウンド16で敗退したため、ベスト8はアメリカ以外をヨーロッパの7カ国が独占してしまったのだ。

ヨーロッパでは、女子人気が高まっている。

聞くところによると、女子チャンピオンズリーグで連覇中のフランスのリヨンの運営費はJ1のトップクラス並みだという。また、イングランドのプレミアリーグやスペインのリーガなど、女子の国内リーグも年々盛んになってきている。

この春にはアトレティコ・マドリード対バルセロナのリーグ戦に6万5000人もの観客が集まって話題になっていたが、ワールドカップ開催中にはいよいよレアル・マドリードも女子部門に乗り出すというニュースが流れた。

日本でも、2011年のワールドカップ優勝直後にはなでしこリーグの人気が高まった時期があったが、最近はリーグ人気も代表の戦績も低迷状態にある。このままでは、ヨーロッパに置いて行かれてしまうかもしれないのだ。なでしこリーグ全体のレベルは間違いなく上がっているし、能力の高い若手選手も出てきているのだが、日本の女子サッカーは正念場にあると言ってもいい。

今大会では、若手への切り替えを図ったもののチーム作りが遅れてしまったために日本代表は完敗を喫してしまったが、まだアメリカ、フランス、ドイツというトップスリーを追走する二番手グループに付けている。来年の東京オリンピックで上位に進出、できれば金メダルを獲得し、それを起爆剤にしてほしいものだ。

さて、ワールドカップの優勝争いに話題を戻そう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ