人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年6月7日

今シーズンを占う好カードは、ゴールの奪い合いか!?Fリーグ第3節 町田vsすみだプレビュー

Fリーグコラム by 菊地 芳樹
  • Line

3人のピボを使い分けるすみだ
ガリンシャが絶好調!

5月25日に開幕したFリーグ2019/2020は、今週末が第3節。6月9日には、東京の町田市立総合体育館で、ペスカドーラ町田対フウガドールすみだの東京勢の一戦が行われる。かつて日本の競技フットサル界をリードしてきた両チームの戦いは、毎回注目が高い人気カードだが、対戦成績は町田が11勝1分3敗と大きくリード。しかも昨シーズンは何と町田の3戦3勝で、すみだは1ゴールも奪っていない。


昨シーズンのすみだはシーズンを通して得点不足に苦労し、それがリーグ7位という不本意な結果につながってしまった。しかし、今シーズンは開幕2戦ですでに7ゴールを挙げている。


すみだといえば、自慢の「攻守の切り替え」からカウンターでゴールを奪う形と、前線に攻撃の起点となるピボを置き、そこに縦パスを入れてからシュートチャンスをうかがう形が特徴だ。今シーズンは、巧みな体使いを駆使しながらボールをさばく岡村康平と、バサジィ大分から加入し、力強いキープとそこからの反転シュートが魅力の上福元俊哉。そして来日2年目でレフティーのブラジル人、ガリンシャと、3人のピボを使い分けて攻め込む。


特にガリンシャは、開幕戦でエスポラーダ北海道相手にハットトリックの大活躍。第2節は大分に敗れたものの1得点し、2試合連続ゴール中。町田戦でも大きな強みとなるはずだ。


チーム全体としても、「誰かが(ゴールを)取るというのではなく、自分が取ってやるという姿勢が(チームに)ある」(キャプテンの諸江剣語)と、手応えを感じている様子。得意のカウンターは町田のみならず、リーグ全体でも警戒されている状態。そうなると、3人のピボを使ってのゴールシーンを生み出せるかが、すみだの勝利のカギを握りそうだ。

若手選手が増えた町田だが、勝利へはベテランの力が必要


ホームの町田は今シーズン、ルイス・ベルナット新監督を迎えた。昨シーズンの主力が何名かチームを離れたが、新加入としては昨シーズンFリーグ選抜でプレーして成長した伊藤圭汰が戻ってきたくらいで、いわゆる「補強」はなし。開幕2試合は、育成組織から引き上げられた若手が多くメンバーに名を連ねていることからも、ベテランの力を借りながら若手を育てていこうというチームの方針がうかがえる。


22歳の伊藤はすでにチームの主力として組み込まれた起用のされ方をしているが、リーグ開幕前のオーシャンカップで活躍した菅谷知寿や、中村充や二井岡嵩登らの同い年のメンバー。また高校3年生の2人、甲斐稜人や倉科亮佑らの早い成長が期待される。


とはいえ、彼らが計算できる選手になるまでは、もちろんこれまで長い期間チームを支えてきたベテランの力が必要だ。特に得点という面では、森岡薫とクレパウジ・ヴィニシウスの2枚看板の活躍が不可欠。その点ヴィニシウスは開幕2戦連続ゴールと好調で、昨シーズンもすみだ相手に3ゴール。3試合中2試合で先制ゴールを決めている相性の良さもある。抜群のシュート精度を誇るレフティーのストライカーは、この試合のキーマンとして挙げられるだろう。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ