人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年6月18日

「番狂わせ」は準備の差によるものか そして、成熟した姿を見せたチチャリート

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

一方、チャレンジャーの側は開幕戦にコンディションを合わせてくる。メキシコのフアン・カルロス・オソリオ監督が「何か月も前から準備していた」と語ったように、開幕戦で対戦する強豪国を分析し、対策も立ててくる。だからこそ、開幕直後に番狂わせは起こりやすいのだろう。

メキシコも後半の最後はDFを一枚増やしてファイブバックでドイツの攻撃を跳ね返し続けたが、前半は厳しいプレッシャーでドイツのパス回しを分断した。その結果、ドイツはワンタッチでのパス回しができなくなり、ちぐはぐな攻撃に終始した。 たとえば、メキシコのトップ下のカルロス・ベガはドイツのセントラルMF(サミ・ケディラとトニ・クロース)にプレッシャーをかけ続け、DFからのクリアをMFのヘクトル・エルナンデスが献身的な動きで前線につなぎ、ハビエル・エルナンデス(チチャリート)もワンタッチで左右のウィンガー(ミゲル・ラユンとイルビング・ロサーノ)を走らせる。

それぞれのプレーヤーが、それぞれの役割を持ってプレッシャーをかけに行っているのは戦術的準備の賜物だったのだろうし、また、クリアした後のボールをしっかりとつないでカウンターを狙い続けることができたのはメキシコ選手の技術力の高さなのだろう。 メキシコはまさに多士済々だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ