人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年5月21日

エデン・アザールがねらった、ユナイテッドの守備のつなぎ目

今週のプレミアムゴール by 清水 英斗
  • Line

今週のプレミアムゴールは、FAカップ決勝のチェルシー対マンチェスター・ユナイテッド、前半22分に決まったエデン・アザールの先制決勝弾!

試合を決めたのは、チェルシーのロングカウンターだった。自陣深い位置でポグバの浮き球パスを、ケーヒルが頭で跳ね返すと、こぼれ球をモーゼスが拾った。ラッシュフォードの追撃をかわし、セスクにわたすと、そこからワンタッチでスペースへ。

最初はプルアウェイして外にふくらんだアザールだったが、裏ではなく表へ出たセスクのパスに対し、三日月の動きで中央へコースを取り直す。そして、前向きに勢いを備えてボールに出会うと、絶妙なファーストコントロールで前方のスペースへ。一気にDFジョーンズを置き去りにした。

さらにドリブルで加速。ペナルティーエリアへ侵入し、ゴールエリアに差し掛かったところで、回り込んで追いついたDFジョーンズが身体を投げ出してスライディングタックルに来たが、ボールには触れず。アザールは倒されてPKの判定となった。これをアザールが自ら決めて先制。チェルシーはこの1点を守りきった。

アザールがDFジョーンズを振り切ったところで、勝負ありだ。要因はいくつかあるだろう。攻守の切り替えで、アザールのマークが浮きやすいタイミングだった。さらにアザールのオフザボールの駆け引き、ファーストコントロールの質も、素晴らしく高かった。

そして、もう一つ。両チームのマッチアップのすき間を利用し、アザールが浮いたポジションを取り続けたことも大きい。

[3-5-2]で中盤が逆三角形となるチェルシーに対し、ユナイテッドは[4-4-2]の中盤ダイヤモンド型で、配置をかみ合わせた。アンカーのカンテを、トップ下のリンガードがマークし、相手3バックはサンチェスとラッシュフォードの2トップが見る形を取った。配置をかみ合わせ、ユナイテッドは高い位置から積極的にプレスをかけている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧