人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年4月16日

レスターのピュエル監督が戦前から課題に挙げていた不安が的中

今週のプレミアムゴール by 清水 英斗
  • Line

今週のプレミアムゴールは、プレミアリーグ第34節バーンリー対レスターの前半9分に決まった、ケヴィン・ロングの追加点!

ヨーロッパリーグ出場権を巡る、注目の一戦は、バーンリーの鮮烈な2ゴールで幕を開けた。

まずは前半6分、レスターのDFモーガンのミスを突いてボールを奪い、素早くショートカウンターへ。ラインの裏へ抜け出したクリス・ウッドが持ち込み、一度はGKシュマイケルにセーブされるも、こぼれ球を再び流し込み、先制ゴールを挙げた。

レスターのピュエル監督は、戦前からチームの立ち上がりについて、テンポ、強度が足りないことを課題に挙げていたが、まさに不安が的中。また、レスターはDFモーガンとマグワイアの連係において、前に釣り出されたモーガンの裏を突かれるパターンが多く、この失点も同箇所が狙われた形だった。

さらに4連勝中のバーンリーは止まらない。前半9分、右サイドのコーナーキックから、グズムンドソンが左足のクロスをファーサイドへ蹴り、ケヴィン・ロングがDFマグワイアの上から、豪快にヘディングで叩き込んだ。

ロングの身長は188センチ。対するマグワイアは、193センチ。身長差がある上に、マグワイアは空中戦の激しい当たりをまったく恐れないファイターだ。それにもかかわらず、なぜ、ロングは競り勝って上から叩き込めたのか?

この場面、マグワイアは191センチのウッドと競り合っていた。お互いに手を出しながら、押さえ込もうとする。そして、マグワイアは落下地点を奪い、あとは頭に当てるだけだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ