人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年5月7日

終了間際、まさかの同点ゴールを許したサウサンプトン。失意に沈む暇はない

今週のプレミアムゴール by 清水 英斗
  • Line

今週のプレミアムゴールは、エヴァートン対サウサンプトンの後半51分に決まった、トム・デイビスの同点ゴール!

先制したのは、残留争いの渦中にいるサウサンプトンだった。後半11分、吉田麻也のインターセプトから縦にボールをつなぎ、間延びしたエヴァートンの中盤を攻略。そして右サイドを走り抜けたセドリックがクロスを入れると、ファーサイドへ走り込んだレドモンドが、頭で合わせた。

前半から攻勢に出ていたサウサンプトンだったが、イングランド代表GKピックフォードのファインセーブに阻まれ、0-0で後半を迎えていた。しかし、このシーンではレドモンドが至近距離から力強く、GKの足下でバウンドさせるようにヘディングで叩きつけ、完璧なフィニッシュ。さすがのピックフォードも防ぐことはできず、ついにゴールネットを揺らした。

残留に向けて、大きな勝ち点3に近づいたサウサンプトン。ところが、後半40分、暗雲が立ち込める。すでに1枚のイエローカードを受けていた吉田が、ワールドカップでも戦う可能性があるセネガル代表FWニアッセの突破を身体で止め、2枚目のイエローカードを受けて退場してしまった。サウサンプトンは1人少なくなってしまう。

この退場シーンは、GKピックフォードのディストリビューションが起点だった。サウサンプトンの直接フリーキックを、横っ飛びでキャッチしたピックフォードは、起き上がるや否や、パントキックで一気に前線へ。力強く正確なボールをFWニアッセの足下へ届け、すぐにターン。たまらず突っ込んだ吉田がファウルを犯してしまった。ファインセーブといい、ディストリビューションといい、サウサンプトンはGKピックフォードの質の高いプレーに悩まされた試合だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧