人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年5月7日

終了間際、まさかの同点ゴールを許したサウサンプトン。失意に沈む暇はない

今週のプレミアムゴール by 清水 英斗
  • Line

とはいえ、まだ1-0。あと数分、10人でどうにか逃げ切るか。

しかし、4分と表示されたアディショナルタイムが、セドリックの治療のために延びると、時計の針は51分まで進んだ。そして、クロスが流れたボールを、右サイドでゲイエが拾う。エヴァートンの最後の攻撃だ。サウサンプトンはゴール前を固めて、待ち構えた。

ところが、ゲイエはクロスを簡単に入れず、ドリブルで持ち運び、ペナルティーエリアの手前で平行パス。不意を突かれたサウサンプトンの選手は、あわてて前に出たが、フリーのデイビスがダイレクトシュート。このボールが一人の選手に当たり、跳弾となったシュートはゴールに吸い込まれてしまった。終了間際、まさかの同点ゴールで、サウサンプトンは勝ち点3を逃した。

だが、失意に沈む暇はない。サウサンプトンは8日、勝ち点33で並ぶ残留争いのライバル、スウォンジーとの直接対決を控えている。言うまでもなく重要な一戦だが、エヴァートン戦を引き分けてしまったことで、たとえ勝っても残留は決まらない。さらにサウサンプトンの最終節の相手が、マンチェスター・シティということもあり、もしも大量点を食らって敗れると、得失点差でひっくり返される恐れがある。痛い引き分けだったのは確かだ。

また、この引き分けにより、勝ち点31のウェスト・ブロムウィッチにも、わずかな可能性が残った。これでサウサンプトン対スウォンジーが引き分けた場合、最終節でウェスト・ブロムウィッチが勝ち点3を詰め、得失点差でもひっくり返す。まさに『グレートエスケープ』だが、本当にわずかながら可能性は残っている。

すべては8日のサウサンプトン対スウォンジーの結果次第。吉田は残念ながら出場停止だが、見逃すことができない緊張の一戦になりそうだ。

代替画像

清水 英斗

サッカーライター。1979年生まれ、岐阜県下呂市出身。プレイヤー目線でサッカーを分析する独自の観点が魅力。著書に『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』、『サッカー観戦力が高まる~試合が100倍面白くなる100の視点』、『サッカー守備DF&GK練習メニュー 100』など。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ