人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年4月2日

リヴァプールにとってはリーグ4位以内確保に大きく前進する1勝

今週のプレミアムゴール by 清水 英斗
  • Line

今週のプレミアムゴールは、プレミアリーグ第32節クリスタル・パレス対リヴァプールの後半39分に決まった、モハメド・サラーの決勝ゴール!

リヴァプールにとっては苦難の立ち上がりだった。引いて守るクリスタル・パレスにカウンターを食らい、サイドバックとセンターバックの間へザハが飛び出してくる。この明らかな脅威は、数回繰り返され、ついにGKカリウスがザハを倒し、PKを与える事態になってしまった。前半13分、ミリボイェビッチが決めて、クリスタル・パレスが先制。

相手ブロックの間に、なかなか割って入れず、序盤はサラーのボールタッチもほとんどなかった。それでも少しずつゴールに迫り、セットプレーでもチャンスを作り始めたリヴァプールだが、前半は0-1のまま終了。

そして後半4分、サラーが逆サイドへ振ったボールから、ミルナーが仕掛けてグラウンダーの速いクロスを入れると、マネが合わせて待望の同点ゴール。後半のリヴァプールは、両サイドバックが高い位置を取り、幅を使って攻める形が増えた。

しかし、1-1とした後、勢いに乗って2点目とはいかず。クリスタル・パレスが押し返し、ショートカウンターやロングボールから、立て続けにベンテケが決定機を迎えるが、これを決められず。リヴァプールは冷や汗をかいた。

その後もザハのドリブルを中心に、攻勢を強めるクリスタル・パレス。後半20分、リヴァプールはマネとワイナルドゥムを下げ、チェンバレンとララーナを投入して、修正を試みた。ところが、そのララーナが5分後にハムストリングを痛めてしまう。ゲームプランが狂ったリヴァプールはこれ以上、MFの控えがいない。3枚目の交代でララーナに代えてロヴレンを投入し、左ウイングに入っていたチェンバレンを中盤に下げ、[4-3-3]から[3-5-2]へ変更した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧