人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2021年7月19日

【ツール・ド・フランス2021 レースレポート:第21ステージ】史上最年少で2度目のツール総合制覇!圧倒的強さを誇ったタデイ・ポガチャル「東京には新しい経験をしに行く」

サイクルロードレースレポート by 宮本 あさか
  • Line

無料動画

【ハイライト】ツール・ド・フランス 第21ステージ|Cycle*2021

J SPORTS 放送情報

天に3本の指が突き上げられた。1本はモン・ヴァントゥ、2本は個人タイムトライアル、そして3本目はピュアスプリンターたちだけに許されてきたパリの大集団スプリント!3つの異なる力を1つの身体に宿らせるワウト・ファンアールトには、敢闘賞などという基準のあいまいなものなど必要なかった。ただ自らの脚力だけで、シャンゼリゼの表彰台に上った。タデイ・ポガチャルは22歳で早くも2度目のマイヨ・ジョーヌ戴冠式に臨み、36歳マーク・カヴェンディッシュは、史上オンリーワンにはあと一歩及ばなかったけれど……完全復活の3週間の終わりに、10年ぶりにマイヨ・ヴェールを持ち帰った。

3勝目を掴んだワウト・ファンアールト

シャンゼリゼで3勝目を掴んだワウト・ファンアールト

「信じられない。このツールは驚きに満ちていて、まるでジェットコースターのようだった。こんな週末で大会を締めくくれるなんて、予想以上だよ」(ファンアールト)

3週間前にひどく肌寒いブルターニュから走り出した2021年ツール・ド・フランスが、夏空のパリに帰って来た。前夜サンテミリオンの個人タイムトライアルで、総合争いはすべて決着し、最終日は例年通りのんびりと幕を開けた。序盤に相次いだ集団落車のせいで、出走リストに名を連ねた184人のうち、最後まで生き残れたのはわずか141人だけだった。フランスの首都にこれほど小さなプロトンがたどり着くのは2007年大会以来初めてで(ただし当時は198人出走)、だからこそ誰もが笑顔で、パリまでの道すがら、互いの健闘を称え合った。

しかし小さくたって、勇ましいプロトンだった。ポガチャル曰く「イージー(ゆるい)」な雰囲気は、シャンゼリゼの石畳の上で、いつもの「フルガス(全力)」へと切り替わる。シュテファン・ビッセガーが加速し、カスパー・ピーダスンとハリー・スウェニーと共に飛び出したのがきっかけだった。

途中でピーダスンとパトリック・コンラッドが入れ替わったが、逃げる3人の背後では、この最終日に残された2つの勝負の1つ目が激しく火花を散らした。つまりマイヨ・ヴェール戦線に残る2人……大会4日目から緑ジャージをしっかり着込むカヴェンディッシュと、連日の中間ポイント収集でじわじわと追い上げてきたマイケル・マシューズが、今大会最後の中間スプリント。カヴがメイン集団内で先頭通過=4位15ptを手に入れ、6位通過10ptのマシューズとの得点差を40ptに再び押し開いた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ