人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2013年4月9日

ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:ドーピング(2000年以前)

ツール・ド・フランスを知るための100の入り口 by Naco
  • Line
ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:ドーピング(2000年以前)

モンヴァントゥで死亡したトム・シンプソンのために同地に建てられた記念碑(1994年)

自転車競技者によるドーピング剤の使用は根が深い。1860年に現在の自転車の原型が発明されてから、20年も経たないうちに、6日間レースで事例が報告されている。

加えてドーピングによる、アスリートの初の死亡例とオリンピックでの死亡例第一号は、双方とも自転車選手という始末。

それぞれ、1896年トリメチルを服用したイギリス人自転車選手と、1960年五輪ローマ大会100kmチームタイムトライアル出場のデンマーク人選手だ。

ツールでも、1920年代には、ストリキニーネ、コカイン、クロロフォルム、アスピリンの使用があったとされ、野放しだった。

自転車連盟の動きは遅く、禁止薬物規制が制定されるのは1965年のこと。しかしその後も後を絶たず、1967年にはトム・シンプソンがアンフェタミン使用に一因があるとみられる状況で死亡。E・メルクスですら陽性判定を受けたが、言い逃れはたやすかった。

1998年、ツール期間中、マッサージャーの車の取り調べからチームぐるみのドーピングが発覚し、俗に言うフェスティナ事件で、大会は揺れた。

しかし、それでも今なおツールは生き延びている。草創期から、ドーピング以外にも、イカサマやインチキは後を絶たず、ツールがスキャンダルへの耐性を備えていることがよくわかる。

一点の曇りもない美しい競技、そんな幻影を抱いていると裏切られる。

一大騒動となったフェスティナ事件(1998年)

一大騒動となったフェスティナ事件(1998年)

写真全て:©Yuzuru SUNADA

代替画像

Naco

1999年末、ホームページを立ち上げ、趣味だった自転車ロードレースの情報記事を掲載しはじめる。2000年夏からは、ツール・ド・フランスの現地観戦レポートを開始。同サイトには、ロードレース・ファンたちが数多く訪れている。現在、フリーランスのジャーナリストとして自転車専門誌に記事を寄稿している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ