人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2013年4月19日

ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:一風変わった記録

ツール・ド・フランスを知るための100の入り口 by Naco
  • Line
ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:一風変わった記録

(C)KAYOT

ツール・ド・フランスで最下位となった選手に与えられるランタンルージュの称号にも、記録がある。史上初となる3度のランタンルージュの称号を得たのは、2008年シーズンを最後に引退したベルギー人ヴィム・ヴァンスーヴナント。

彼は、2006年から2008年にかけ、3年連続で総合順位最下位という“離れ業”をやってのけた。彼は“ビリ”と揶揄されるより、根性を見せつけた選手として記憶されている。なにしろ完走しなければ達成できない記録なのだから。

「粘ったからこそ、制限時間をクリアし、ゴールに辿りついた。もしも最低のライダーだったら、ドロップアウトして、完走できないはず。むしろ胸を張りたい」、そう語ったのは2005年ランタンルージュのスペイン人イケル・フロレスだ。

2008年ツールで、ヴァンスーヴナントは時の人だった。来る日も来る日も母国ベルギーの記者が彼を取り囲み、インタビュー攻め。ランタンルージュ3連覇の記録がかかっていただけでなく、引退を決めてのぞんだ最後のツールだったからだ。

ベルギーのある自転車雑誌記者はこんなふうに語っていた。「最下位でも、なんとか食らいついてツールを完走した彼の執念はあっぱれだ。優勝も難しいけど、最下位も難しいからね。そんな彼が引退することになって、国内では惜しむ声が多いんだよ」。

ツールでは、最後から2番目より最下位のほうが、間違いなく目立つ。

代替画像

Naco

1999年末、ホームページを立ち上げ、趣味だった自転車ロードレースの情報記事を掲載しはじめる。2000年夏からは、ツール・ド・フランスの現地観戦レポートを開始。同サイトには、ロードレース・ファンたちが数多く訪れている。現在、フリーランスのジャーナリストとして自転車専門誌に記事を寄稿している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ