人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年9月18日

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】誇り高きイネオス・グレナディアーズがつかんだ美しき栄光「エガンが見てくれてるといいな」(クフィアトコフスキ) / 第18ステージ

ツール・ド・フランス by 宮本 あさか
  • Line
リチャル・カラパスとミハウ・クフィアトコフスキ

リチャル・カラパス(左)とミハウ・クフィアトコフスキ(右)

これほどまでに素敵なフィナーレが待っていたとは、誰が予想しただろうか。3日間の無我夢中の努力と、3週間の挫折と苦悩の果てに、誇り高きイネオス・グレナディアーズが美しき栄光をつかみ取った。3日連続で逃げたリチャル・カラパスは山岳ジャージを、1日中アシスト役に徹したミハウ・クフィアトコフスキはステージ優勝を。また自転車ロードレースが正真正銘のチームスポーツであることを、この2人の弾けるような笑顔は、改めて我々に思い出させてくれた。ユンボ・ヴィスマもまた見事なチームワークを発揮し、マイヨ・ジョーヌのプリモシュ・ログリッチを安全に、確実に、フィニッシュ地まで送り届けた。

「すでに過去何度も素晴らしい瞬間を味わってきたけれど、これはまるで未知なる体験だった。これぞツールの魔法なのかな。それとも僕らチームが今ステージに込めた思いが、大きかったからなのかもしれない。沿道では観客が声援を上げ、チームカーでは監督が叫んでいた。フィニッシュラインでは今までとは比べ物にならないほどの感動を覚えた」(クフィアトコフスキ)

ほんのつい先日、ニースで開幕したばかりだというのに、2020年ツール・ド・フランスは早くもアルプス最終日を迎えた。パリまで残すはたったの4日。しかし、まだまだ、解決していない事案は山ほど残っている。

たとえばマイヨ・ヴェール。ポイント賞1位サム・ベネットvs2位ペーター・サガンの仁義なき戦いはすでに2週間近く繰り返されているし、ところどころでマッテオ・トレンティンも大胆な殴り込みをかけてくる。しかもバトルを大いに盛り上げる要素として、この日もまた、山の前に中間スプリントが用意されていた。もちろんスタート直後の猛烈なアタック合戦をかいくぐり、出来上がった32人の逃げ集団に、3人が3人ともに飛び乗った。

この日はおなじみの相棒ミケル・モルコフこそいなかったものの、ウルフパックの仲間ボブ・ユンゲルスの背後から飛び出すと、ベネットはパワフルに首位通過。まんまと満点20ptを入手し、2位トレンティン17pt、3位サガン15ptをまたしても突き放した。1位から3位の距離はこれにて63pt。もはや「ベネットほぼ確定」と言えるのだろうか。パリのシャンゼリゼフィニッシュラインまでは、いまだ最大160ptが収集可能だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ