人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年9月9日

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】サム・ベネットが史上最強の緑男からまたしてもジャージを奪う「このチームが誇らしいし、本当に満足している」 /  第10ステージ

ツール・ド・フランス by 宮本 あさか
  • Line

先頭で突き進むトレインを、しかし発射台職人モルコフが350mでするりと抜き去る。もちろん背中には、ベネットが潜んでいた。

「このチームが誇らしいし、本当に満足している。信じられないような仕事を成し遂げてくれた。ただ僕のためだけに、切れ目なく働き続けてくれた。チームのみんなに感謝したい。彼らが僕にこの機会を与えてくれた。どれほど感謝してもしたりないほどさ」(ベネット)

あとはスピードに乗って一直線。ラスト150mを先頭で駆け抜けた。自らの後輪からスプリントを切ったカレブ・ユワンにも、その後ろにいたサガンにも、一度も先行を許さなかった。今大会ここまで4位→2位→3位と涙を飲んできた後の、嬉し泣き。2018年ジロで区間3勝を、2019年ブエルタで2勝を上げ、「サガンと同チームだとツールには絶対に呼んでもらえないから」と、今年思い切って移籍した新チームで、念願のツール1勝目を計上した。

ログリッチとサガン

レース前のログリッチとサガン

もちろんマイヨ・ヴェールも3日ぶりに取り戻した。区間勝利で大量50ptを稼ぎ出したおかげで、7pt差の2位から、21ptリードの1位へと浮上。1度だけでなく、2度までも、サガンからジャージをむしり取った。もちろん史上最強の緑男も黙ってはいない。「ベネットがグリーンジャージを手にしたけど、まだツールは半分終わっただけ。まだまだジャージを取り戻すチャンスはあるよ」と、リベンジを誓う。

最終的にプロトンは時速46.943kmでドタバタと忙しい休息日明けを終えた。一度は遅れたマルタンやポガチャル、ロペスやカラパスも、無事にメイン集団でフィニッシュし、その他3つのジャージにも変更はなかった。おそらく初めてのマイヨ・ジョーヌをゆっくり心から堪能する暇はなかったけれど、それでもログリッチは、これまでとの違いをはっきりと感じた。

「マイヨ・ジョーヌはなんといっても自転車界で最高のリーダージャージ。僕はその頂点にいる。このジャージを着ていることを心から誇りに思う。ツールはツールだ……なにものにも代え難い存在だ。1度でもこのジャージを着たことがある人なら、誰でも理解してくれると思う。これは中毒になるね」(ログリッチ)

文:宮本あさか

宮本あさか

宮本 あさか

みやもとあさか。パリ在住のスポーツライター・翻訳者。相撲、プロレス、サッカー、テニス、フィギュアスケート、アルペンスキーなど幼いときからのスポーツ好きが高じ、現在は自転車ロードレースの取材を中心に行っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ