人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2020年8月31日

【宮本あさかのツール2020 レースレポート】むちゃくちゃに振り回したガッツポーズと、頬を流れ落ちる涙。アラフィリップが遂に勝利を射止め「父に勝利を誓っていたんだ」/ 第2ステージ

ツール・ド・フランス by 宮本 あさか
  • Line
涙を浮かべてインタビューに応えるアラフィリップ

涙を浮かべてインタビューに応えるアラフィリップ

人差し指を、何度も天へと突き上げた。そこにいる大好きな父に、想いが届くように。ジュリアン・アラフィリップは全身全霊で一騎打ちスプリントを勝ち取ると、心の中の滞りを、すべて涙と共に吐き出した。14か月ぶりの優勝。しかも1年前はパリ到着2日前に失ったマイヨ・ジョーヌを、今年はわずか2日目で、力強く取り戻した。

「今年は特殊な年だし、なにより年頭からずっと勝利を追い求めてきたから、どうしてもツールで勝ちたかった。体の奥底から力を振り絞った。それに6月に父を亡くしたんだけど……この父に勝利を誓っていたんだ。この勝利が本当に誇らしい」(アラフィリップ)

初日にリタイア1号となったジョン・デゲンコルプに続き、大会2日目の朝、ラファエル・バルスとフィリップ・ジルベールが帰宅を余儀なくされた。第1ステージは最後まで走り切ったものの、後の検査にて前者は右大腿骨骨折が、後者は左膝蓋骨骨折が判明。早くも173人に数を減らしたプロトン内では、あちこちで包帯やテーピングが目についた。

幸いなことに、8月最後の日曜日、ニースは気持ちの良い晴天に恵まれた。前日の大雨がまるで嘘だったかのように、空は抜けるように青く、地中海は輝くように碧かった。ピカソ、マチス、シャガール等々、多くの芸術家が愛した南フランスの美しき風景が、傷ついた戦士たちの心を、ほんの少しでも癒してくれたに違いない。

スタートと同時に、大急ぎで一団が逃げ出した。ペーター・サガン、ルーカス・ペストルベルガー、ブノワ・コスヌフロワ、カスパー・アスグリーン、トムス・スクインシュ、マッテオ・トレンティン、アントニー・ペレス、そしてミヒャエル・ゴグルの8人。ただし一瞬で逃げを容認した前日とは異なり、プロトンはしばらくはスピードを下げようとはしない。なにしろこの第2ステージは、「ご褒美」がいっぱい詰まったステージだったのだから。

第1のご褒美は、わずか16km地点で中間スプリントポイントが待っていたこと。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ