人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2019年8月29日

【ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 第5ステージ結果速報】山岳賞首位のマドラソがチームワークで区間優勝!ロペスが総合首位へ

サイクルNEWS by J SPORTS 編集部
  • Line

写真:幾度となく千切れたアンヘル・マドラソが渾身のアタック区間優勝


レリアナを出発した174選手は1級山岳山頂フィニッシュの地、ハバランブレ天文台までの170.7kmのレースに挑む。ホセ・エラダ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)、山岳賞ジャージ着用のアンヘル・マドラソ、イェツ・ボル(共にブルゴスBH)の3選手が逃げ、集団とのタイム差は10分以上に開いた。

2級、3級の山岳ポイントはマドラソが先頭通過し山岳ポイントを積み重ね、中間スプリントポイントは特に争わずボルが先頭通過。最後の1級山岳ハバランブレに先頭グループ3人が登り始めた時、メイン集団は9分後方でチーム イネオス、チームサンウェブなどがペースアップを図る。

先頭グループから7分遅れで登坂を開始、モヴィスター チーム、ボーラ・ハンスグローエ、チーム ユンボ・ヴィスマも牽引に加わりメイン集団はみるみる小さくなっていく。アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム)のアタックで総合首位のニコラス・ロッシュ(チームサンウェブ)やリゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト)がついていけなくなった。

ミゲールアンヘル・ロペス(アスタナ プロチーム)が1回のアタックで集団から抜け出すことに成功、単身で先頭グループを追う。先頭グループでは何度もマドラソが遅れるがペーシング走法でエラダとボルに追いつく。千切れては追いつきを繰り返しフラムルージュを抜け残り距離700mで渾身のアタックで2人を置き去りにすると、そのまま単独フィニッシュ。脚を隠し続けたベテランクライマーがグランツール初勝利を手に入れた。

47秒遅れでフィニッシュしたロペスが総合ジャージを奪還、ロッシュは2分17秒遅れのため総合5位へ後退。総合勢のアタックで遅れたナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム)は総合2位から8位に順位を落としている。

「明日のことは考えず、今日を精一杯走った。ボルも居たので自信を持って走れた」(マドラソ、勝利後インタビュー)

第5ステージ結果
1 アンヘル・マドラソ(ブルゴスBH/スペイン)in 04h 58' 31''
2 イェツ・ボル(ブルゴスBH/オランダ)+ 00h 00' 10''
3 ホセ・エラダ(コフィディス、ソリュシオンクレディ/スペイン)+ 00h 00' 22''
4 ミゲールアンヘル・ロペス(アスタナ プロチーム/コロンビア)+ 00h 00' 47''
5 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 00' 59''
6 プリモシュ・ログリッチェ(チーム ユンボ・ヴィスマ/スロベニア)+ 00h 00' 59''
7 タディ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ/スロベニア)+ 00h 01' 29''
8 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)+ 00h 01' 41''
9 セップ・クス(チーム ユンボ・ヴィスマ/アメリカ)+ 00h 01' 41''
10 エステヴァン・チャベス(ミッチェルトン・スコット/コロンビア)+ 00h 01' 46''
・・・
11 ラファル・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ/ポーランド)+ 00h 01' 52''
12 ピエール・ラトゥール(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)+ 00h 02' 05''
13 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 02' 11''
14 ニコラス・ロッシュ(チームサンウェブ/アイルランド)+ 00h 02' 17''
90 新城幸也(バーレーン・メリダ/日本)+ 00h 11' 47''


個人総合順位
1 ミゲールアンヘル・ロペス(アスタナ プロチーム/コロンビア)in 18h 55' 21''
2 プリモシュ・ログリッチェ(チーム ユンボ・ヴィスマ/スロベニア)+ 00h 00' 14''
3 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)+ 00h 00' 23''
4 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 00' 28''
5 ニコラス・ロッシュ(チームサンウェブ/アイルランド)+ 00h 00' 57''
6 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 00' 59''
7 エステヴァン・チャベス(ミッチェルトン・スコット/コロンビア)+ 00h 01' 17''
8 ラファル・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ/ポーランド)+ 00h 01' 18''
9 タディ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ/スロベニア)+ 00h 01' 49''
10 ウィルコ・ケルデルマン(チームサンウェブ/オランダ)+ 00h 01' 50''
・・・
11 ピエール・ラトゥール(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)+ 00h 01' 54''
12 ダヴィデ・フォルモロ(ボーラ・ハンスグローエ/イタリア)+ 00h 01' 58''
13 ビクトル・デラパルテ(シーシーシーチーム/スペイン)+ 00h 02' 00''
14 ミケル・ニエベ(ミッチェルトン・スコット/スペイン)+ 00h 02' 20''
15 ジョージ・ベネット(チーム ユンボ・ヴィスマ/ニュージーランド)+ 00h 02' 29''
16 イギータ・ガルシア(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 02' 40''
17 ファビオ・アル(UAEチームエミレーツ/イタリア)+ 00h 02' 47''
94 新城幸也(バーレーン・メリダ/日本)+ 00h 21' 44''


ポイント賞
1 サム・ベネット(ボーラ・ハンスグローエ/アイルランド)45 pts
2 ファビオ・ヤコブセン(ドゥクーニンク・クイックステップ/オランダ)34 pts
3 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)33 pts


山岳賞
1 アンヘル・マドラソ(ブルゴスBH/スペイン)33 pts
2 イェツ・ボル(ブルゴスBH/オランダ)11 pts
3 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)6 pts


新人賞
1 ミゲールアンヘル・ロペス(アスタナ プロチーム/コロンビア)in 18h 55' 21''
2 タディ・ポガチャル(UAEチームエミレーツ/スロベニア) + 00h 01' 49''
3 イギータ・ガルシア(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 02' 40''


チーム総合順位
1 モヴィスター チーム(スペイン)in 56h 19' 51''
2 チーム ユンボ・ヴィスマ(オランダ)+ 00h 00' 39''
3 EFエデュケーションファースト(アメリカ)+ 00h 03' 47''


敢闘賞
205 ホセ・エラダ(コフィディス、ソリュシオンクレディ/スペイン)


第5ステージのリタイア
47 グレゴール・ミュールベルガー(ボーラ・ハンスグローエ/オーストリア)

第6ステージ 8月29日(木)午後11:00 - 深夜1:30/ J SPORTS 4
[区間] モラ・デ・ルビエロス > アレス・デル・マエストラット/今大会最初の「逃げ切り勝利」の可能性


ステージ詳細

■コースの特徴
コース設定者によれば、山頂フィニッシュ3連戦の中日は、総合争いには大きな影響を及ぼさないだろうとのこと。むしろ今大会最初の「逃げ切り勝利」が決まる可能性を秘めている。

200kmにほんのわずか届かない長距離ステージは、アップダウンには事欠かない。なによりスタートから約20kmで飛び込む2級峠が、大逃げ野郎たちの野心に火をつけてくれるはずだ。一方で勝利へ向けた争いは、おそらくフィニッシュ手前約25kmの3級峠で本格化する。

ブエルタ「初登場」の最終3級峠は、全長7.9km、平均勾配5%、最大8.2%。それほど攻略は難しくなさそうだ。むしろ「今大会で最も絵になるフィニッシュ」との呼び声が高い。岩の城塞と、白壁の家のコントラストが美しきアレス・デル・マエストラトは、ユネスコ世界遺産に登録された「イベリア半島の地中海沿岸の岩絵」をも隠し持っている。


■高低差図

高低差図

ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 第5ステージ ハイライト

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ