人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2018年8月22日

【あなたの推しチームは?】ブエルタ直前! UCIワールドチーム 一挙紹介 / トレック・セガフレード

サイクルNEWS by 山口 和幸
  • Line
ファビアン・カンチェラーラ

ファビアン・カンチェラーラ

アルベルト・コンタドール

アルベルト・コンタドール

注)ブエルタ・ア・エスパーニャ2018への出場選手に関する情報は随時発表さているため、記載情報に一部遅れが生じている場合がございます。予めご了承ください。

かつてはファビアン・カンチェラーラ、アルベルト・コンタドールが所属していたアメリカチーム。今季はグランツールで総合成績の上位をねらうバウケ・モレマをエースに、交通事故や体調不良からの復活にかけるジョン・デゲンコルブをチームに加えた。その言葉通り、2018ツール・ド・フランス第9ステージでデゲンコルブが勝利した。ブエルタ・ア・エスパーニャ区間10勝、ジロ・デ・イタリア1勝。数々の戦歴を誇るスプリンターのデゲンコルブだが、ツール・ド・フランスで勝ったのは初めてだ。出場6回にして区間2位はなんと6回で、いつも栄冠まであとわずかだった。

ジョン・デゲンコルブ

ジョン・デゲンコルブ

しかもデゲンコルブがツール・ド・フランス初勝利をしたのは、北の地獄と呼ばれる石畳の悪路が終盤に断続的に出現する危険なステージだった。マイヨジョーヌを着るBMCのグレッグ・ヴァンアーヴェルマートを制しての勝利。これによりグランツールすべて区間勝利したことになる。

2015年のパリ~ルーベで優勝しているだけに、石畳の路面は得意だ。終盤にヴァンアーヴェルマートら3選手で抜け出すと、ゴール手前で主導権を握り、ガッツポーズでトップフィニッシュ。夢にまで見たツール・ド・フランスの1勝を手に入れた。

「ほとんどの人はボクがもう終わりだと思っていたはずだ。4月のパリ~ルーベでも落車でヒザをケガして、復帰まで4週間を要した。ボクが自暴自棄になりそうだったとき、支えてくれたのは家族だった」とデゲンコルブは男泣きだった。

2011ブエルタ・ア・エスパーニャで総合4位のモレマ

2011ブエルタ・ア・エスパーニャで総合4位のモレマ

オランダのモレマは2011ブエルタ・ア・エスパーニャで総合4位、2013ツール・ド・フランスで総合6位のヒルクライマー。現チームでグランツールのエースを務めてきたシュレク兄弟に代わって、当時のベルキンチームから引き抜かれた。クラシックレースで培った粘り強さがあり、じつは2011ブエルタ・ア・エスパーニャではポイント賞を獲得。これはブエルタ・ア・エスパーニャが山岳の様相の強いレースであることと、モレマ自身の安定感を示すものだ。

別府史之

別府史之

別府史之は2006・2011日本チャンピオン、2008アジアチャンピオン。2009ツール・ド・フランスに新城幸也とともに日本勢として初の完走を果たし、シャンゼリゼでは敢闘賞を獲得している。今季の所属選手の中で4番目の年長者だが、2020東京五輪ロードコースの発表とほぼ同時に、2020年までの契約延長を発表している。五輪は北京とロンドンに出場した別府だが、次の五輪の時にはチームの、いや日本自転車界の大ベテランとなる。まだ出場したことのないブエルタ・ア・エスパーニャでの走りも見たかったが、アジア競技大会の日本代表に選出されたので今季の出場はない。

■その他のチームを見る
アージェードゥゼール ラ モンディアル / アスタナ プロチーム / バーレーン メリダ プロサイクリングチーム / BMCレーシングチーム / ボーラ・ハンスグローエ / ディメンションデータ / チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・P/Bキャノンデール / グルパマ・エフデジ / チーム カチューシャ・アルペシン / チーム ロットNL・ユンボ / ロット・ソウダル / モヴィスター チーム / ミッチェルトン・スコット / クイック・ステップ フロアーズ / チーム スカイ / UAE チーム・エミレーツ / トレック・セガフレード / チーム サンウェブ

代替画像

山口 和幸

ツール・ド・フランス取材歴25年のスポーツジャーナリスト。自転車をはじめ、卓球・陸上・ボート競技などを追い、日刊スポーツ、東京中日スポーツ、Number、Tarzan、YAHOO!ニュースなどで執筆。日本国内で行われる自転車の国際大会では広報を歴任。著書に『シマノ~世界を制した自転車パーツ~堺の町工場が世界標準となるまで』(光文社)。2013年6月18日に講談社現代新書『ツール・ド・フランス』を上梓。青山学院大学文学部フランス文学科卒。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧